光コラボから全戸加入プランへ

現在住んでいるマンションやアパートに全戸加入プランが導入されたり、引っ越し先が全戸加入プラン導入物件である場合、現在使っているインターネット回線をどうしたら良いか悩むところです。

フレッツ光と光コラボ

現在使っているインターネット回線が光コラボレーションの場合とフレッツ光で違いがあります。

フレッツ光とはNTT東日本・西日本が提供するサービスです。対して光コラボレーションはNTT東日本・西日本から光回線を借り受けた業者が運営するサービスとなります。

現在光コラボレーションを利用している方は、フレッツ光から「転用」で乗り換えた方も多いと思います。

転用が可能なのはNTT東日本・西日本の「フレッツ光」利用者だけ

全戸加入プランを利用する場合は光コラボからの転用は出来ません

フレッツ光から全戸加入プランへの切り替えの場合は、転用と呼ぶかどうかは分かりませんが、NTT内では違約金等が発生しない品目変更の処理がされているようなので、工事代金の残額等があっても請求されません。正確には物件オーナーが建物への導入工事について代金を負担しているからです。

スポンサーサイト

全戸加入プランへの乗り換え時に注意すること

転用が出来ないからと言って全戸加入プランを利用しないのは勿体ないです。

例えば携帯電話とのセット割があったとしても、光ファイバーの使用料金がタダになるのであればお得になるケースがほとんどです。

光コラボから全戸加入プランへの乗り換え時に注意した方が良い事をまとめておきます。

固定電話の電話番号に注意

固定電話を利用する場合は、同じ番号を移行して使う「番号ポータビリティ」通称「番ポ」と言われるサービスが使えます。

しかし光コラボ→全戸加入プランの場合は番ポが大変です。

一度、番ポで光コラボへ変更すると、簡単に移行することが出来ないのです。

加入権がある場合は一度ひかり電話から、アナログ回線に戻す必要があります。

加入権名義が違う場合などはかなり複雑になります。

ケースによって様々なのでここで書ききれないので「116」へ電話をして変更が可能なのか?変更する場合はどのような手続きが必要か?いくらかかるのか?をしっかりと確認した方が良いでしょう。

違約金に注意

光コラボの場合は割引を適用する代わりに利用期間を設けている(一般的にしばりといわれるもの)ケースがほとんどです。

2年から3年の間で契約されていることが多く、更新月以外での解約には違約金が発生します。

解約時には違約金がどれくらい発生するのかをしっかりと確認してから行うようにしましょう。

通信速度に注意

全戸加入プランには200Mのプランと1Gのプランの2種類があります。

現在使っている光コラボの速度が1Gの場合、全戸加入プランへ変更すると200Mになってしまうかもしれません。

だから、変更しない方が良いかと言うとそうでもありません。

全戸加入プランは自分で500円を負担すれば200Mから1Gへ変更も可能なので、速度が気になる方は変更することもできます。

まとめ

光コラボから全戸加入プランへの転用は、フレッツ光を利用している場合は可能です。

光コラボへ変更している場合は、「転用」ではなく「解約」→「新規」という手続きになることです。

残りの入居期間などと光コラボの解約違約金などのバランスを考えて、変更するようにしましょう。

スポンサーサイト