フレッツ光全戸加入プランが遅い

全戸加入プランは遅いと評判になってきている。

googleで「全戸加入プラン」と入力すると「遅い」と出てくる。

その原因についてちょっと調べてみました。

全戸加入プランは光配線方式

全戸加入プランは光配線方式で提供されており、速度のプランは2通りあります。

「1G」と「200M」のプランになっています。

設備的には光ファイバー1本ににつき、親スプリッターの4分岐と子スプリッター8分岐で最大32分岐に分けられる。

32世帯を超える大きな物件の場合、光ファイバー2本と親スプリッタ―が2つになります。

スプリッターで分けられた光ファイバーは各部屋の中まで光ファイバーで配線される方式が光配線方式です。

何分岐されているか非公表のCATVよりは、明確になっているNTTの方が速度低下の原因は探りやすいです。

原因はプロバイダーか?

2016年の後半から全戸加入プランの導入されている物件で速度が遅いとの書き込みがネット上で増えています。

インタ―ネットの速度が遅い場合、いくつかの要因が考えられるが、書き込みの多くが以前使っていたフレッツ光より遅くなったという声です。

WIFI機器やLANケーブルなどの宅内側が変わっていないのに速度が遅くなるということは、宅内側の問題ではない事は明らかです。

元々使っていた、NTTの光配線方式のインターネット契約が全戸加入プランに変わったからと言って設備的に大きく変わるわけではありません。

実際に速度低下したユーザーがNTTに問い合わせを行ったところ、障害などは発生していないとのことなので速度低下の原因は他にあるようです。

全戸加入プランへ乗り換えて変わると言えば、残すはプロバイダーと言うことになってきます。

プロバイダーがボトルネックに

インターネットの速度低下の原因はプロバイダーと言うことも多い。

特に最近はNTTが光ファイバーを開放して様々な事業者がサービスを開始しているため、プロバイダーも競争が激しくなっています。

OCNのような強力なバックボーンがある業者ならともかく、価格だけが安い名ばかりのプロバイダーも増えているので注意が必要です。

加入者が増えてくると、設備を増強していかなくてはならないがそう簡単な話でもないようです。

動画コンテンツなどを利用する人も増えてデータ量が増大する中で、価格競争も激しく設備投資が厳しい事業者も多いのが実情です。

また、利用する時間帯も夜の時間帯に集中するので混雑しやすくなります。

このようなプロバイダーの状況がインターネット速度低下の原因となっている場合があるのです。

WAKWAKの障害情報が頻発している

全戸加入プランのプロバイダーは「WAKWAK」または「ぷらら」のNTT系が多いですが、速度低下の問題は「WAKWAK」の物件が多いようです。

WAKWAKが全戸加入プラン用に提供しているサービスは「WAKWAK for マンション全戸光シリーズ」になります。

WAKWAKからの重要なお知らせ
【重要】ギガファミリーサービス(戸建) の通信速度低下の発生について

平素はWAKWAKをご利用いただき誠にありがとうございます。

現在、NTT東日本エリアで「フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ」「フレッツ 光ネクスト ファミリー・ギ
ガラインタイプ」に対応したWAKWAKサービスをご利用のお客様におきまして、ご利用が増加する時間帯に通信速度
が著しく低下する事象が発生しております。お客様には大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。
本事象はお客様の需要急増によるもので、WAKWAKの設備対応により、2017年1月下旬~2月を目処に改善する
見込みです。

これは戸建てに関してのお知らせですが、マンションにおいても同様に速度低下が起きています。

昨年から何度もWAKWAKのホームページに障害情報が出ていたのを考えると、やっと対処に動いたようです。

推測になりますが、WAKWAKはドコモ光や全戸加入プランの導入物件が急激に増えたため、設備増強が追い付いていない状況だと思われます。

全戸加入プラン導入物件の速度が遅い原因はWAKWAKが原因となっている可能性が高いです。

スポンサーリンク

対処法は?

現状ではWAKWAKの増設を待つしかないようです。

プロバイダーを変更する場合は料金を自己負担すれば変更が可能です。

全戸加入プランのプロバイダー無料の場合は大家の一括契約になっていますので、退会手続きなどを行う必要はありません。

そのまま他社プロバイダに乗り換えてしまえば、問題は解決されます。(ルータなどへの設定変更は必要です。)

WAKWAKのID、PASSはそのままに一時避難的に他社へ乗り換えるのであれば、解約違約金が発生しなくて、接続料金が安いBBエキサイトがオススメです。

BBエキサイト公式ホームページはこちら

BB.excite

全戸加入プランのプロバイダに関してもっと知りたい方はこちら

全戸加入プランのプロバイダって有料?無料?変更は可能なのか?

まとめ

設備の対応は順次されていくと思いますが、時間がかかるかもしれません。

というのも、ネット上の書き込み情報だとIPアドレスがNTT-MEからOCNに変わったとの情報が多数出ています。

WAKWAKの対応策と言うのは、OCNに逃がす事なのかもしれません。

それでも改善すればいいですけどね!

スポンサーリンク