全戸加入プランが導入されると?

自分の住んでいるマンションやアパートに全戸加入プランが導入されれば、NTTの光ファイバーのインターネットが無料で使えるようになるかもしれません。

NTTと大家さんがどのような契約を行うかによって、完全無料の場合もあればプロバイダ料金などは自己負担となる場合もあります。

プロバイダは別契約

全戸加入プランと言うのは、NTT東日本・NTT西日本が提供するサービスなので、回線部分の料金は大家さんが負担するケースが多いと思われます。

しかし、プロバイダは別契約となるので入居者負担となるケースもあります。

導入が決まったマンションはNTTからポスティングや電話で案内が行きますので、「全て無料で使えるのか?」サポートセンターなどに問い合わせて確認する必要があります。

「WAKWAK」「ぷらら」「ASAHIネット」に関しては、NTTに問い合わせると契約の有無を確認できますが、それ以外のプロバイダはNTTで把握しておらず分からない事もあります。

全戸加入プランを利用した方が得か?

今まで、「フレッツ光」を利用していた方と「ドコモ光」「ソフトバンク光」などの光コラボを利用していた方、それ以外の光ファイバーを利用していた方と分けて考えていきたいと思います。

フレッツ光を利用している場合

NTTが提供するフレッツ光を利用していた方は、何も考えず乗り換えた方が得でしょう。

フレッツ光から全戸加入プランへは「解約」扱いではなく、「プラン変更」と言った扱いです。

契約期間が短くて工事費の残金がある場合も、同住所であれば全戸加入プランへの乗り換えで違約金は発生しないので安心です。

引越しをして来た場合は、前に契約していた工事代金の残額が請求されます。

注意点はプロバイダです。

物件に無料となっているプロバイダがあれば、乗り換える必要があります。

以前使っていたプロバイダを継続利用することも可能ですが、その場合はプロバイダ料金が自己負担となります。

また、プロバイダによって最低利用期間を設けている場合があります。この場合期間を過ぎないで解約を行うと違約金が発生しますが、殆どが5000円前後なので払ってしまった方が得かもしれません。

もう一つ注意したいのが「速度」です。

現状1Gプランでお使いの方は200Mになってしまう事もあります。その場合500円の追加料金で1Gにすることが出来ます。

スポンサーサイト

光コラボを利用している場合

フレッツ光の利用者が「プラン変更」と言う感覚で利用できるのに対して、光コラボは「解約」して契約しなおすといった感覚でしょうか。

更新月以外の解約は当然違約金は発生します。金額は残月分によって変わって来るでしょう。

例えば2年の縛りがあるとします。あと数か月で違約金が発生しないタイミングであれば、そのタイミングで乗り換えがいいでしょう。

全戸加入プランに限りませんが、転居すると工事代金の残金がある場合一括請求されます。

携帯会社の光コラボに契約して間もない場合ですが、携帯電話の割引の額との比較になると思います。

例えば、セット割で1000円の割引があるとすると、インターネット代金の自己負担金は3000円程度になると思われます。

違約金の額を3000円で割ってみれば、乗り換えた場合に大雑把に何か月で元が取れるか分かります。

賃貸物件の場合、今後そこに住んでいる期間も考慮する必要があるので一概にお得とは言えませんが、大体のケースで全戸プランにした方がお得になります。

携帯会社の光コラボは複雑でわかりにくくなっています。雑な言い方になりますが契約台数が多い場合を除き全戸加入プランの利用がお得です。

注意点としては、光コラボを提供している事業者のプロバイダはプロバイダ契約のみでは提供していないところもあります。この場合プロバイダの変更が必要になります。

光コラボを一度解約してしまうと全戸加入プランの物件では光コラボのマンションタイプの再契約が出来なくなりますので注意してください。

それ以外の光ファイバーの場合

ご自身で解約手続きが必要になります。

手間の問題だけなので特別な契約(固定IPのサービスなど)が無ければお得になります。

マンションタイプではなく、戸別に部屋へ光ファイバーを引き込んでいるケースなどは速度が低下するかもしれません。

解約を行う前に全戸加入プランの速度や使い勝手などを確認してから、解約した方が後悔しないかもしれません。

まとめ

回線部分が無料で使えるのは大きいですね!

導入物件はどんどん増えているようなので、賃貸物件はインターネット代がかからない時代になるかもしれません。

通信費の負担が減るのは良い事です。

スポンサーサイト