浴室についた毛染め液の落とし方とその予防策を調べてみた

毛染めをしようと思った時「美容室でやるのはお金がかかる」「美容室に行くのは面倒だから自分でやろう」そんなことを考える人は多いのではないでしょうか? 

家で毛染めをする場合汚れてもすぐに洗えるお風呂場でやるのではないでしょうか。毛染めした時はまったくきずかなかったけど、次の日汚れにきずくこともあると思います。浴室の床や壁などに毛染め液が着くと、とても厄介です。 

そこで今回は浴室についてしまった毛染め液の汚れの落とし方汚さない為の防止策を紹介します。 

浴室に毛染め液が付いたら 

毛染め液は酸化染料アルカリ剤からなる1剤と酸化剤からなる2剤で構成されており、この酸化剤が浴室に着くと吸収され、色が落ちにくくなります。 

毛染め液が浴室についた時に大事なのはまずすぐに対応することです。 

まず落ちた事にきずいたら、とにかく早く毛染め液をティッシュなどで拭き取り、周囲を水や石鹼などで洗い流して、浴室に色が少しでも染み込んでいくのを防ぐのが大事です。 

スポンサードリンク

毛染め液の落とし方 

跡がついてすぐや数時間後は擦り落とす方法があります。 

すぐに落とす場合は「クリームクレンザーを使う方法」「メラミンスポンジを使う方法」「クレンジングを使う方法」などがあります。 

クリームクレンザーで毛染め液を落とす

 クリームクレンザーには研磨剤が入っているので強く擦り付けないようにしましょう。用意するものは、クリームクレンザー、スポンジです。手順はスポンジに少量のクリームクレンザーと水を付けて、浴室についた毛染め液の跡を擦ります。毛染め液の跡が落ちたら最後にしっかりと流します。また研磨剤は歯磨き粉にも含まれているため、歯磨き粉でも代用できます。 

メラミンスポンジを使って毛染め液を落とす

メラミンスポンジは浴室の素材によっては使うと傷つくものがあるので、最初に目立たない場所で試してから使用して下さい。用意するものはメラミンスポンジだけです。手順はメラミンスポンジにお湯または水を付けて毛染め液の跡を擦ります。 

クレンジングはゴシゴシ擦るのではなく叩くように落としましょう。用意するものはクレンジングオイル、またはクレンジングウォーター、コットンです。手順はコットンにクレンジングオイルやクレンジングウォーターなどをつけて毛染め液の跡を優しく叩くように擦ります。毛染め液の跡が落ちたら最後にしっかりクレンジングオイルなどを流します。 

数時間たった場合は「除光液を使う方法」「漂白する方法」などがあります。 

除光液を使って毛染め液を落とす

除光液は表面の塗料を溶かして落とします。そのため、除光液を染み込ませながら放置するともとの素材まで溶ける恐れがあるのですぐ乾拭きして、長時間の使用は避けるようにしてください。用意するものは除光液、コットン、乾拭きするタオルなどです。手順はコットンに除光液をつけて優しく擦ります。毛染め液の跡が落ちたらすぐ乾拭きします。 

漂白剤を使って毛染め液を落とす

漂白は塩素系漂白剤(キッチンハイターカビキラーなど)を使います。使うときは漂白剤の刺激から守るゴム手袋とマスクをつけて、換気をしながら使いましょう。用意するものは塩素系漂白剤、キッチンペーパー、ラップ、ゴム手袋、マスクです。手順はゴム手袋とマスクをつけて毛染め液に塩素系漂白剤をかけます。塩素系漂白剤の上にキッチンペーパーを被せ、さらにラップを重ね30分~1時間位放置します。最後にしっかりと塩素系漂白剤を流します。 

コンパウンドを使って毛染め液を落とす

擦り落とす方法でも漂白剤でも効果がない場合は「磨く方法」があります。 

磨く方法は強い研磨剤を使うためまず目立たない所で試して問題がない場合のみ使って下さい。用意するものは自動車用コンパウンド、乾いた布です。手順は乾いた布にコンパウンドをつけて、毛染め液の跡を磨きます。最後にしっかりと流します。 

汚さない為の防止策 

浴室を毛染め液で汚さないようにするには、まず浴室全体を濡らします。毛染め液は水気があった方が同化して流れていくので効果的です。次に頭に塗った毛染め液を流す時は、弱い水圧で流してください。普段通りの水圧で流してしまうと、飛び散る可能性があるからです。水圧が弱くても時間をかければしっかりと洗い流せます。次に毛染め液をしている最中に何回か浴室を流します。毛染め液あコームなどで塗りますが知らないうちに飛んでいてきずかない事もあるからです。 

他に壁にラップやビニールなどを貼り付け、床には新聞紙などを敷いて周囲に覆いをするのも効果的です。(床に新聞紙などを敷く時は滑って転ばないように注意してください。) 

使用済みの毛染めの容器や、コーム、手袋などを入れるゴミ袋を用意してください。使用した後にパッケージや説明書の上に置いて、何かの拍子で倒れたり、落ちたりして汚してしまうことがあるからです。 

浴室で毛染めをする時は、是非これらを参考にしてください。 

まとめ 

1毛染め液の跡が落ちにくいのは成分の酸化剤が素材に吸収されるから。 

2毛染め液が落ちた場合は、なるべく早く処理をする。 

3汚れを落とす方法は「擦り落とす方法」「漂白する方法」「磨く方法」がある。 

4汚さない為の防止策は、浴室全体を濡らす、またはビニール、ラップ、新聞紙などを敷いて 

養生する。 

5使用済みの物を入れるごみ袋を用意する。 

浴室を汚してしまうと後が大変になるので、時間がかかりますが使用する前に養生する事がオススメです。 

スポンサードリンク