とにかく安い物件を探したい

築年数が古くてもや安い物件を探したい方っていますよね!

「こんなところに、あるんだ!」と言う情報をお伝えします。

目につくのは大手の募集サイト

インターネットで部屋探しをするのは当たり前の時代になりました。

大手の運営する賃貸物件検索サイトは、ますます成長して使い勝手も良くなっています。

一昔前は部屋探しと言えば、不動産屋さんに足を運んで物件を探したものですが、今では先にインターネットで探した物件を見に来るだけと言うケースが増えたそうです。

地元の小さな不動産屋さんは大手のFC傘下に入るか?、独自に頑張るか?にわかれています。

地元の不動産屋さんもインターネットを駆使した情報発信をしていましたが、検索上位には大手の検索サイトばかりが表示され厳しい現状となっているようです。

掘り出し物件を探すには?

ずばり、大手に負けないように頑張っている地元の不動産が狙い目となっています。

不動産情報は共有されているので、どこで見ても同じような気がするのですが、実はそこに大きな壁が・・・

コンプライアンスの壁

大手の賃貸物件検索サイトでは、誇大広告防止のために様々な自主規制のルールを設けています。

その様な理由で、地元の不動産屋さんは破格な割引きサービスなどを掲載できないのです。

大家との昔からの付き合い

地元の不動産屋さんは大手が進出する前から地主さんとお付き合いをしているケースがほとんどです。

そのようなつながりが無ければ、経営自体も難しいでしょう。

そして、この古い付き合いが特別な割引などを提供できる強みなのです。

築年数が経った物件などは、どうしても借り手を探すのに苦労してしまいます。

大手であれば「直ぐにリフォームしましょう」と言います。

しかし、昔から家族ぐるみで付き合うような強い関係だと、大家の懐具合を察して言えないことも多いようです。

その場合安くてもいいから、「借り手を見つけて」となり格安の物件が生まれてきます。

しかし、あまりに破格な条件は大手の検索サイトに掲載できない

しかも、掲載費用も馬鹿にならない金額で、家賃が安すぎる物件では経費に見合わなくなります。

そのような借り手が見つからずに眠っている物件が地元の不動産屋さんにあるのです。

広告宣伝にお金を掛けれない分、格安で部屋貸し出すのです。

まさに「昔からの付き合い」と言った日本文化がなせる業です。

スポンサーサイト

まとめ

地元の不動産屋さん何件かとお話をする機会があり、その時に聞いた話なのです。

「家賃を1年間半額にしているのに決まらないんだよ」

「大手の検索サイトはこんなの載せてくれないからね」

確かに近隣の相場より30%ほど安い物件でした。

しかも1年間半額って、何か「事故物件」なのかと思ってしまうほどです。

よーく話を聞いていくと、大家さんは年配でローンもなく新たに物件にお金もかけたくないと言っている。

なので、いくらでも良いから、誰か入れてほしいということらしいのです。

外見は営業しているのか分からないような暗い感じのお店です。

正直入りにくいです。

こんな物件が結構あるんですよね!

スポンサーサイト