vプリカってどんなカード?

Vプリカとはインターネット専用のvisaプリペイドカード。

インターネット上のvisa加盟店であればクレジットカードと同じように使えるバーチャルカードです。

コンビニやインターネットなどで簡単に購入することが出来ます。

セキュリティー面で安心

近年、クレジットカードの審査が通らない方や、セキュリティーの問題でクレジットカードを使うことに抵抗感のある方などに支持されています。

特にインターネットの世界ではフィッシング詐欺などの横行や、個人情報の流出などを危惧する声も多くvプリカのようなプリペイドカードの需要は高まっています。

プリペイドカードであれば、カード残高以上の流出を避けられるばかりか、利用都度カード番号を変えられるので、万が一カード番号が流出したとしても安心です。

この様にセキュリティ面でいつまでもクレジットカーを使っている人が、鈍感だとされる日も近いかもしれません。

海外の良く分からないサイトでクレジット情報を入力することは、大変危険です。

クレジット情報があれば、簡単に決済することが出来てしまいます。

悪意を持ってクレジット情報を使えば、カード所有者に無断で決済することは容易なのです。

もちろん一定期間にカード所有者の知らない決済が頻発すれば、そのサイトの決済システムはクレジットカードの決済ネットワークから停止されますが、それまでは使えてしまうのです。

ドコモ口座のvisaプリペイドカード

ドコモのユーザーなら簡単に開設できるドコモ口座では、visaプリペイドカードの発行が簡単に出来ます。

プラン等の詳細はこちらから

ドコモ口座のvisaプリペイドカード!nanacoで入金

Vプリカとドコモ口座のvisaプリペイドカードを比較する

どちらのプリペイドカードが使いやすいか?比較してみました。

カード発行に関して

両カードともに発行に関して審査等はありません。

しかし、vプリカが18歳以上誰でも発行できるのに対してドコモ口座のvisaプリペイドカードはドコモユーザーしか発行できません。

年会費、発行手数料、維持手数料は?

vプリカは年会費は発生しません。

購入時に額面+200円がかかります。

3000円の額面のカードを購入する際には3200円かかるということです。

vプリカの未使用期間が3か月を過ぎた場合、休眠カード維持費が発生します。

残高から毎月125円が引き落とされます。

ドコモ口座のvisaプリペイドカードは年会費はありませんが、レギュラーカードの場合は月額利用料200円が発生します。

使用量が少ない場合は、ワンタイムプランが用意されていて1回目は無料、2回目以降は発行ごとに100円かかります。

使用頻度によって使い分けるのが良いようです。

スポンサーサイト

有効期限と残高

vプリカは発行日より1年後の月末に有効期限が切れます。

その際にカード残高は失効します。

ドコモ口座のvisaプリペイドカードの場合カード発行後レギュラーカードは3年、ワンタイムカードは10日で有効期限です。

しかし、残高はドコモ口座にある金額が残高となり失効することはありません。(月の利用上限は50万円)

また、ドコモ口座の場合携帯料金とともに請求が行く後払いの選択も出来るので、残高不足の場合でも対処可能です。

ドコモ口座の様々な使い方をまとめた記事はこちら

ドコモ口座の使い方色々!nanaco入金やVisaプリペイドなど

まとめ

比較してみて思うことは、圧倒的にドコモ口座のvisaプリペイドカードの方が使い勝手がよさそうです。

個人的にvプリカの残高が失効するのは、納得いかないしその為に欲しくもない買い物もしたくはないです。

ドコモユーザーなら迷わずvisaプリペイドカードでしょうね!

その他ドコモ口座に連動したサービス「キャッシュゲットモール」などもあるのでお得感はかなりの差を感じます。

ドコモ口座キャッシュゲットモールから買い物でポイントダブル

スポンサーサイト