運転免許証の色の違いは?ブルー免許とゴールド免許同じ5年なの?

自動車の運転免許証には、「グリーン」「ブルー」「ゴールド」の3色の色があることを知っていますか? 

この色分けには、運転者が初心者なのか、免許を取得してから数年経過しているか、無事故無違反で運転している優良者なのか、一目で分かるようにする意味があります。 

3種類の中でも優良の証であるゴールド免許を取得すれば、運転免許証の更新手続きをスムーズにしたり、更新費用が安くなったりとさまざまなメリットがあります。 

しかし3種類の色の違いは分かっても、その意味や更新年数など分からないことは多いです。 

そこで今回は運転免許証の違いなど解説していきます。 

運転免許証は3種類の色で分けられている 

運転免許証にはグリーン・ブルー・ゴールドの3種類の色があり、その人の運転経歴と違反歴で区分が決まり分けられます。 

区分には【新規運転者】【初回運転者】【一般運転者】【違反運転者】【優良運転者】の5つがあります。 

スポンサードリンク

新規免許取得者だけでなく再取得もグリーン 

グリーンの免許証は、「新規運転者」の区分になります。 

対象者は、初めて免許証を取得した人はもちろんですが、一度取り消し処分を受けて再取得した人も対象者になります。 

新規取得者である事をはっきりと識別して、ドライバー本人にも初心者としての自覚をしてもらうためにグリーン免許証が交付されます。 

グリーン免許証の期間は、2年以上で、3年以内で最初の更新期限となる誕生日より1ヶ月後までで、更新するとブルー免許証になります。 

初回の免許証更新時は2時間の「初回更新者講習」を受講することが義務付けられています。 

グリーン免許証時の注意点 

グリーン免許証所持者は、免許取得後1年未満は初心者マークの表示が義務づけられているのは知っていると思います。

この初心者マークを表示していないと「初心者標識表示義務違反」で、減点1点・4,000円の反則金となるので注意が必要です。 

グリーン免許証者に対しても注意が必要

また、他のドライバーが初心者マークの表示車両に対して幅寄せしたり、無理な割り込みをしたりすると「初心運転者等保護義務違反」として罰則があります。普通自動車の運転時なら減点1点・6,000円の反則金となります。 

これは、高齢運転者マークの車両に対しても同じなので、運転には気を付けましょう。 

ブルー免許証は、有効期限が異なる 

初心者を卒業したら、今度はブルー免許証になります。 

一番多くのドライバーがこのブルー免許証になると思います。 

ブルー免許証の区分は初回更新者・一般運転者・違反運転者対象範囲が広いのが特徴です。 

ブルー免許証は区分によって有効期限が変わる 

まず、免許取得後に初めて更新するのが「初回更新者」となります。

この初回更新者の更新後の免許証の有効期限は3年となります。 

また、過去5年間で3点以下の軽微な違反(シートベルト着用義務違反や駐停車違反など)を1回しかしてない人などが「一般運転者」となります。

この一般運転者はゴールド免許証と同じく5年間の有効期限になります。しかし、一般運転者でも年齢によって有効期限が変わってきますので、注意が必要です。70歳未満は5年間なのですが、70歳は4年間、70歳を超えると3年間になります。 

そして、同じブルー免許証でも過去5年間で複数の違反をした人が「違反運転者」となります。この違反運転者は、有効期限が3年になってしまいます。 

同じブルー免許証でも違反の有無などで有効期限が変わってきますので、更新日には気を付けましょう。 

また、運転免許証の更新時に実施される講習時間にも区分によって変わります。初回更新者と違反運転者は2時間で、一般運転者は1時間で終わります。 

優良ドライバーの証ゴールド免許証 

ゴールド免許証を取得するためには、5年間の無事故無違反が条件です。 

ゴールド免許証は優良ドライバーの証ですが、普段運転をしなければ違反をしたり、事故を起こしたりする可能性も下がります。そのことから、ペーパードライバーはゴールド免許証を比較的取りやすいという事になります。 

ゴールド免許証の区分は、「優良運転者」となります。 

ゴールド免許証の有効期限はブルー免許証と同じように年齢によって変わります。70歳未満は5年間で、70歳は4年間、70歳を超えると3年間になります。 

ゴールド免許証のメリット 

ゴールド免許証を持っていると、免許証更新の手続きがとてもスムーズになります。 

優良運転者の講習時間は30分です。一般運転者が1時間で、初回更新者・違反運転者が2時間の講習を受けることと比較したら、その違いは一目瞭然ですね。 

また、ゴールド免許証所有者だけの特権として、近くの警察署で更新手続きを行うことができます。 

各都道府県によって指定された運転免許センターや運転免許試験場までわざわざ行く手間が省けるので、それほど時間もかからず更新手続きができます。 

また、各都道府県に異なりますが、更新手続きにかかる費用も安くなります。 

SD(セーフドライバー)カードを取得できる 

一般的にあまり知られていないゴールド免許証のメリットとして、SD(セーフドライバー)カードを取得できることが挙げられます。 

SDカードとは、「自動車安全運転センター」が発行するカードです。SDカードは提示しただけで割引してもらえる店もあるので持っているとお得です。 

詳しくはこちらへ

まとめ 

1運転免許証はグリーン・ブルー・ゴールドでそれぞれ特定の情報がすぐわかるようになっています。 

2グリーン免許証は新規運転者の区分ですが、初めて免許証を取得した人はもちろんですが、一度取り消し処分を受けて再取得した人も対象者になります 

3ブルー免許証は、初回更新者・一般運転者・違反運転者と区分の対象範囲が広いです。 

4ブルー免許証は、区分や年齢によって有効期限が異なります。 

5ゴールド免許証は、優良ドライバーの証です。 

6ゴールド免許証は、年齢によって有効期限が変わります。 

7ゴールド免許証を持っている事で、さまざまなメリットがあるので、ゴールド免許証を目指して安全運転を心がけましょう。 

スポンサードリンク