羽毛布団のクリーニング

羽毛布団は汚れている?

羽毛布団は長く使っていると、だんだん薄くなってきますね!

最初の頃のフカフカは失われてきます。

人は一晩にコップ一杯分の汗をかくそうです。

それを、何年も吸い込んでいたら汚れるのは当たり前のこと。

しかし、「羽毛布団って洗えるの?」って疑問ありますよね!

布団についているタグを確認して水洗いOKであれば洗えます。

ドライクリーニングはNG

意外かもしれませんが羽毛布団を洗う場合ドライクリーニングは良くないんです。

羽毛には油分が含まれており、ドライクリーニングをしてしまうと汚れが落ちない上に羽毛を傷めてしまいます。

羽毛布団のクリーニング代は結構高い

クリーニング屋さんに羽毛布団をお願いすると結構な値段がかかります。

ネット上にある宅配クリーニングを利用する場合でも1枚3000円~+送料となります。

布団の送料って結構高いんですよね!

以前ネットで布団を買おうと思ったら、布団その物が安くても送料が馬鹿にならず、結局お店に買いに行った事があります。

送料は2000円~3000円程度を見ておいた方がいいでしょう。

私の家の近くのクリーニング屋さんでは、シングル羽毛布団1枚3000円でした。

2500円~5000円程度が相場のようです。

5000円以上の料金がかかるところもあります。

その様なところはそれなりの技術を持っているようです。

高額の羽毛布団の場合は専門の業者さんに任せる方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

布団の裏にカビが…押入れが臭い…

そんな時は、寝具の下に敷くだけ。サラッと快適!



【モットン除湿シート】はコチラ

自宅の洗濯機とコインランドリーでクリーニング代の節約

羽毛布団のクリーニングを安く上げるために、自宅洗濯機とコインランドリーを使った節約方法を紹介します。

家庭用洗濯機で洗う

そんなに高級な羽毛布団じゃないし、水洗いOKってなっているから自宅で洗いたいという方は以下の点に気を付けて洗いましょう。

洗う羽毛布団がキルティング加工されいない場合、中の羽毛が偏ってしまうこともありますので気をつけましょう。

自宅の洗濯機で洗う場合、手洗いモードがある洗濯機の場合は手洗いモードを選択します。

使う洗剤は中性洗剤を使います。

アルカリ性の洗剤は羽毛を痛めますのでご注意ください。

洗濯機に羽毛布団を入れ際には、長方形の短い辺を半分に折り、更に細い長方形にします。

そして、羽毛布団が脱水時に偏らないように、とぐろを巻くように入れていきます。

一枚でバランスがとりにくい場合は2枚同時に洗います。

重心が偏らないように気を付けて入れれば大丈夫です。

脱水が終わったら、風通しの良い場所で天日干しします。

朝干して夕方に取り込みます。7,8時間しっかりと干すようにします。

仕上げはコインランドリー

羽毛布団は一日中外で干しても中までしっかりと乾きません。

もう一日、外で干しても良いですが、コインランドリーの乾燥機を使って乾かすと、ふっくらとした仕上がりにすることが出来ます。

また、羽毛布団を半乾きにしておくと臭いが出てしまいます。

寝る時に臭いのは辛いですからね!

中までしっかりと乾かすためには乾燥機を使った方がいいでしょう。

コインランドリーの乾燥機で1時間ほど乾かせば十分です。

30分したら裏返して、乾きムラの無いようにします。

しっかりと乾いているのを確認したら出来上がりです。

まとめ

最近、ネットやTVショッピングなどで、羽毛布団も安く売っているものが多くなっています。

軽くて暖かい羽毛布団も高級品ばかりではなくなりました。

せっかく安く買ったのにクリーニング代が高くては意味がないと思っている方はご自宅で洗濯してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク