灯油の臭いは手強い

灯油の臭いって石鹸で洗ってもなかなか消えませんよね!

車の中で灯油をこぼした時は、強烈臭いで気持ち悪くなって暫く窓を閉めて運転できませんでした。

灯油を買いに行って、後ろのシートに灯油缶を乗せ走っていたところカーブで灯油缶が倒れてこぼれてしまうといったありがちな話なのです。

なぜ、ちゃんと蓋を閉めなかったのだろうか?後悔しても始まらない。

こぼれた灯油は後ろのシートに浸みこんでしまっています。

これは大変だと思い臭いを消す方法を調べるといろいろな方法が出てきます。

お茶の葉、小麦粉、粉石けん、アルコール、重曹、コーヒーのカス、ミカンの皮・・・

まあたくさんあること・・・

何が正解なんだ??

ヒントは駅での嘔吐物処理の仕方

駅や電車の中で嘔吐してしまった場合の処理って「おが屑」を使ったり、何か白い粉末を掛けて掃除をしていたのを思いだしました。

嘔吐物を固めて、その粉をほうきで吐き出し消毒剤と消臭剤を掛けて処理をするんですね!

その原理で言うと「やはり粉だよな!」と思い小麦粉を選択!

まあ、重曹や粉石けんでもいいとは思ったのですが、あいにくうちにはありませんでした。

お茶の葉やコーヒーなどは2,3日放置としないと効果がないようなので、時間がかかるという点で却下でした。

そんな悠長なことは言ってられない状況でしたから!

小麦粉で灯油を吸い取る

後ろのシートに小麦粉を掛け上からキッチンペーパーで押しあてます。

最初はキッチンペーパーまで浸みこんでくるのが分かりました。

灯油を含んだ小麦粉は掃除機で吸い込みます。

それを3回繰り返し行い、3回目には殆ど吸い込んでいる様子がなっかたので終わりにしました。

こぼした時よりは臭いが収まったのですが、まだ臭い。

何日かすれば消えるとは思ったのですが、とりあえずファブリーズをシュッと吹きかけ終了!

3日くらいは車に乗り込むときに臭いがしましたが、その度にシュッとファブリーズを吹きかけていました。

それ以降はほとんど気にならなくなりました。

服についた灯油の臭い

灯油の掃除をしていた時にどうやら袖口に灯油がついてしまい洋服が臭います。

服についた場合はそのまま洗濯機に入れると臭いが移ってしまうらしいので、洗濯前に下処理を施します。

灯油の付いた袖口に食器用洗剤を2,3滴たらして叩くように浸みこませます。

この時袖の裏側にキッチンペーパーを入れて食器用洗剤を吸い込ませます。

更に上からもキッチンペーパーで叩き食器用洗剤で吸い取ります。

これで、洗濯機に入れて洗濯したら臭いは落ちました。

スポンサーサイト

手についた灯油の臭い

灯油を入れると手についてしまうことって良くあります。

石鹸で洗っても臭いが取れないですね。

ミカンの皮で擦れば落ちるそうですが、いちいちミカンの皮を用意するのもなんだかな~

手っ取り早いのが、食用油です。普通に料理で使うやつ。

これを手に付けて、少し擦り食器用洗剤で洗って水で流せば綺麗に臭いが取れます。

これが一番楽です。「油汚れを油で落とす。」ですね!

ミカンの皮も皮に含まれる油分を使って落とすのですから、似たようなものですね!

まとめ

これは、私が実際に行った方法であり効果については保証は出来ません。

状況が違えば結果も違う場合もあると思いますので。

小麦粉と食用油は、私が試した結果それなりの効果があったと言えます。

スポンサーサイト