誰でも失敗する

仕事や恋愛、受験など、人は様々なシーンで失敗し落ち込むことがあります。

今現在、これを読んでいる人の中には、「本当に苦しく辛い思いをしている人」もいるかもしれません。

私も数えきれないくらいの失敗を繰り返し、ここまで来ました。

その度に強くなってきた気がします。失敗しすぎて立ち直り方も人より上手くなったかもしれません。

心が一瞬で軽くなる考え方や、引きずらない為の行動の仕方を紹介します。

これから起こる不幸に対する不安

見えないものに恐怖する

辛い時は「どうしていいか?」わからなくなりますよね!

みんなそうです。思考停止状態です。

そんな時考えることは、これから起こり得るであろう「悪い未来」です。

例えば、「お金がない時」督促が厳しくなると、このままじゃ「破産しちゃう」「信用を失う」「借りた人から怒られる」「家族がなんていうだろう」

「受験に失敗」した時「自分の未来は暗い」「親に合わせる顔がない」「友達に会うのが恥ずかしい」

「失恋した時」は「もう会えない」「話す事も出来なくなる」「あきらめなくてはいけない」

「仕事に失敗した時」は「上司に怒られる」「取引先になんて言われるだろう」

総じて言える事は「この先どうなってしまうのだろう」という不安です。

起きないかもしれない不幸も、不安になると考えてしまうものです。

1年後のあなたは笑っている

それでは、落ち込んだ時、どんなふうに考えたら立ち直れるでしょうか?

過去を振り返る

まずは、思い返してみましょう。

あなたにとって「今まで生きてきて一番辛かったことはなんですか?」

みんなありますよね?「学生時代にいじめられた事」「失恋」「借金苦」「ペットの死」などなど。

人は生きていれば必ず何らかのつらい経験をします。

その時はきっと本当に辛かったですよね。

未来から今を見る

それでは、「一番辛かった時の気持ちは今も続いていますか?」

多くの人は、そのつらい時のことを克服しているでしょう。

もっと言うと「あの時は辛かったなぁ」と笑い飛ばせているかもしれません。

私は人生最大のピンチを振り返り、「あの時は本当に死のうかと思ったよ」と笑いながら振り返れます。

過去の辛いことを乗り越えて今を生きている自分がここにいます。

さあ、今度は1年後あなたが今を思い返している自分を想像してください。

1年後の自分は「あの時は辛かったなぁ」と笑っているかもしれませんね!

時が解決するとはまさにこのことです。

スポンサーサイト

現状より良くするための行動

とにかく行動

精神的な切り替え方をした後は、「これ以上事態を長引かせない為にすべきこと」です。

落ち込んでしまった時に注意したい点は「現実逃避」です。

行動することを止めてしまうと悪い現状が続きます。

お金が無い人は、働かなくてはいけないですし、失恋した人は、出会いを作らないと新しい恋も生まれません。

受験に失敗したら、再度受験するなら勉強をし、進学を諦めるなら働くことを考える。

大切なことは、「向き合うこと」なのです。

最初に書いた「悪い未来」が起こるかもしれませんが、逃げても起こってしまうことは起こります。

批判されるかもしれないです。馬鹿にされるかもしれません。仕方が無い事です。

人生には逆らえないものです。

しかし、あなたの行動は何らかの結果をもたらすこととなるでしょう。

あなたの未来は今その行動によって変化をもたらします。

それは、明るい未来への第一歩となるでしょう。

まとめ

こちらの記事もあわせてどうぞ

気持ちを切り替える事が上手くなれば失敗に強くなる

暇な時間も敵です。

気持ちを切り替えたら、「悪い未来」を想像する時間を無くすように心がけましょう。

人生は悪い事ばかりではありません。

悪いことがあった分良い事もあります。

これから起こる良い事の為に貯金したと思えば、楽しみも増えますね!

スポンサーサイト