Tカードを解約したい!ポイントはどうなる?確認すべきことを紹介

ポイントの断捨離や、生活環境の変化によってTポイントを活用する頻度が減るなどの事情が出た場合、Tカードの解約を検討することもあるでしょう。

今回は、Tカードの解約をテーマに、関連する情報を紹介していきたいと思います。

Tカードの解約とT会員ネットサービスやレンタル会員の解約は異なる

Tカードの解約に当たって注意が必要なのが、会員の種類です。Tカード(Tポイント)に纏わる会員サービスは3つ存在します。1つが、今回のテーマでもTカード会員、ウェブサイト上でのTポイント会員サービスにあたる「T会員ネットサービス」、そしてTSUTAYAのレンタル会員サービスの3種類です。

仮に3種類とも一気に解約したい場合、手続きを誤ると、どれかの会員情報(個人情報)は残ったままとなってしまいますので気を付けてください。

Tカードを解約すると同時にTポイントも失効する

Tカードを解約すると、Tポイント、Tマネー、TSUTAYAのレンタル会員も同時に解約されます。Tポイントは不要だけど、TSUTAYAのレンタル会員のままでいるということはできませんので気を付けてください。

Tカードが複数あって、整理のためにTカードを解約するという場合は、予めT-siteにある「Tカードポイント移動手続き(https://tsite.jp/r/ptido/)」に情報を入力して、ポイントの引継ができるようにしておきましょう。

なお、Tカードを解約しても、T会員ネットサービスは解約されずそのままになります。もし、T会員ネットサービスも解約したい場合は、後述の手続をとってください。

スポンサードリンク

Tカードを解約する前に確認したいこと

どのポイントサービスの解約でも言えることですが、解約の前に保有ポイントはきちんと使い切っておきましょう。残したまま解約すると損ですから。

とくにTカードの場合は、TSUTAYA DISCASの有料サービスといった、Tカードに付随するサービスは予め解約をしておく必要があります。これらの契約が残っていると、Tカードの解約ができません。

また、上記のように、Tカードを複数枚持っていたうえで、Tカードを解約する場合は、ポイントの損が無いように、予めTカードポイント移動手続きをしっかりと取っておきましょう。

Tカードの解約は電話ではできず郵送のみ

恐らくこれが最も特徴的な所かと思います。Tカードの場合、解約手続きは郵送のみとなります。電話での受付はできません。電話で出来るのは、T会員ネットサービスの解約になりますので気を付けてください。

Tカードの解約方法

事前準備が済んだら、カルチュア・コンビニエンス・クラブ社の該当サイト(https://www.ccc.co.jp/customer_management/download/index.html)にアクセスしましょう。こちらの「届出書2」にアクセスし、プリントアウトをした上で、必要事項を記入します。その書類を郵送で送れば解約手続き完了となります。

T会員ネットサービスの解約方法

ウェブサイトまたは電話で手続が可能です。

T-site(https://tsite.jp/tm/pc/accounts/STKIp0801001.do)またはTカードサポートセンター 0570-029-294(年中無休10:00〜21:00)に問い合わせのうえ、手続きを進めてください。

T会員ネットサービスの場合、解約手続きを行ってもすぐには失効となりません。ポイントの有効期限内なら、Tカードの方を解約していなければ利用できます。つまりは、T会員ネットサービスのみを解約して、Tカード自体は継続利用することもできるわけです。

Tポイントの期限については、こちらもあわせてご覧ください。

Tカードのレンタル会員サービスの解約方法

TSUTAYAの店頭にいき、店員にその旨を伝えて手続きを進めましょう。現状、オンライン上では、レンタル会員サービスのみの解約はできないようです。

Tカード(クレジット機能つき)もT会員ネットサービス以外解約

クレジット機能付きのTカードを解約する場合は、他のポイントサービスの場合と同様に、ポイント運営会社ではなく、クレジット発行会社に問い合わせのうえ、手続きを行う必要があります。

また、これも他社と同様ですが、クレジット機能付きの場合、解約をしてしまうと、同時にポイントサービスなど、T会員ネットサービス以外の付随のサービスがすべて解約となってしまいますので気を付けてください。

もし、他にもTカードを持っているようでしたら、上記のTカードポイント移動手続きを利用すると良いでしょう。

まとめ

1.Tカードを解約する場合、Tポイント、Tマネー、TSUTAYAのレンタル会員が同時に解約となるが、T会員ネットサービスは自動的には解約とはならない。

2.T会員ネットサービスは電話でも解約できるが、Tカードの解約は郵送のみで、電話での解約はできない。

3.複数枚のTカードを持っていたうえで、どれかのTカードを解約する場合は、予めT-siteにある「Tカードポイント移動手続き(https://tsite.jp/r/ptido/)」に情報を入力して、ポイントの引継ができるようにしておく。

スポンサードリンク