箪笥にカビが!塩素系漂白剤やエタノールを有効活用した取り方

長らくしまっていた衣類を箪笥(タンス)から出そうとしたら、箪笥の内側に黒い斑点が!

そんな経験をしたことはないでしょうか。今回は、箪笥についてしまったカビの取り方など、箪笥のカビ対策について紹介します。

箪笥に限らず湿気が無ければカビは発生しない

箪笥に限らず、カビはじめじめしたところ、つまり湿気があるところに生えるものです。カビにとって適温な環境(20~30℃程度)というのもありますが。

カビは、ほどよく乾燥していて風通しが良ければ発生しないのです。このことは、予防にも再発防止にも大切な基礎知識なので、忘れずにいましょう。

箪笥にしまうものは基本的に長期間だからこそ準備が大事

それでも、開け閉めが頻繁な引き出しやクローゼットなら、開閉のタイミングで空気循環があるので、まだカバーが出来ます。しかし、箪笥にしまうものは基本的にはあまり頻繁には使用しないものでしょう。だからこそ、奥まった場所にしまいがちなため、注意が必要なのです。

箪笥が壁にピタッとくっついていて、空気の抜け道がないとか、奥まった場所であるがゆえに、喚起も掃除も疎かに、ということがないよう、日ごろからの管理を忘れないでください。

また、箪笥にしまう衣類の状態も大切です。ホコリまみれのものや、食べかすなどがついていたら、格好のカビの餌です(そうなるとダニなどの心配もありますが)。

スポンサードリンク

箪笥のカビ取りはエタノール⇒塩素系漂白剤と段階的にやっていこう

さて、ここからは、箪笥にカビが生えてしまった際の対処法についてです。

私見としましては、最も大切なのはカビを取ることなのですが、次に大事なのが、箪笥の色落ちを極力避けることだと思っています。箪笥に生えるカビは、恐らく大半は黒カビでしょう。そうなると漂白・・・と頭がいってしまいがちですが、その前に、ダメもとでエタノールでの除去を試してみてください。それから塩素系漂白剤、の手順をおすすめします。

エタノール拭きによる箪笥のカビ取り

エタノール(アルコールがあるならそれでもかまいません)を布に染み込まれ、その布で水拭きをするイメージで丁寧に拭いていきます。

ついたカビが表面に付着した程度の段階であったならば、これで取れるはずです。

いうまでもないですが、箪笥の中にしまっているものは全部外に出し、箪笥内を空にするのは忘れないでおいてください。

薄めた塩素系漂白剤で箪笥のカビを拭き取る

エタノールでだめならば、塩素系漂白剤を使いましょう。「ハイター」や「カビキラー」とかですね。カビなのでカビキラーと考えたくなりますが、カビキラーですと、箪笥のカビ取りの場合、色々と強烈過ぎてしまいますので、カビキラーは風呂場のカビ取りに・・・ということで、筆者は、この場合には「キッチンハイター」の活用をおすすめします。塩素系漂白剤では一番手軽に使いやすいですし。

ただ、キッチンハイターでも原液のままでは強烈過ぎてしまいますので、少し薄めたうえで使いましょう。塩素系漂白剤(キッチンハイター):水は4;1になる程度に薄めればよいかと思います。この薄めた塩素系漂白剤を、布またはキッチンパーパーに染み込ませて、カビを覆うようにして当ててください。液体を、カビの部分に染み込ませるイメージです。この際、手袋の着用は忘れずに!塩素系用箔剤を扱っているわけですから。あと、換気も忘れずに行ってください。

カビが取れたら天日干しなどで乾燥させ再発防止策を施そう

カビが取れたら、あとは仕上げ作業と再発防止策です。順番に紹介していきます。

カビが取れたら30分ほど箪笥を寝かせたのち水拭きを

カビが取れたら(取れない場合は取れるまで繰り返す)、塩素系漂白剤を拭き取りましょう。

この際、布拭きでカビ取りをした場合は、できれば別な布にした方が良いでしょう。水拭きでOKです。

目安としては、カビが取れてから30分ほど放置しておき、水拭きを行うと良いでしょう。

水拭きした箪笥を乾燥させてエタノールなどでカビ再発防止策を

水拭きが乾いたら、箪笥に湿気が残らないように、しっかり乾燥させましょう。天日干し、または陰干しができるようでしたらそれがベストです。難しいようなら、除湿器を近づけて(または除湿器に近づけて)乾燥をさせましょう。

その両方が難しい場合には、ドライヤーの温風を使って乾かしましょう。

仕上げは再びエタノールです。万遍無くエタノールを吹きかけて、カビが付着しないようにしましょう。そうそう。箪笥を壁ぴったりに置いていた人は、箪笥の裏に空気が通るスペースを空けておくことを忘れずに。

まとめ

1.箪笥(タンス)は引き出しと違ってあまり出し入れしないので、事前の準備がカビ対策には大事。

2.箪笥にカビが生えたら、まずはエタノールで拭き、それでもダメなら塩素系漂白剤を5倍程度に薄めたもので、カビの箇所に染み込ませるようにして拭き取りましょう。

3.カビが取れたら、水拭きで洗剤(塩素系漂白剤)の残りを拭き取り、天日干しなどで乾燥させて、再発防止のエタノール掛けを忘れずに。

スポンサードリンク