自動車検査証(車検証)を再発行したい!やり方(流れ)・必要書類

車検には、自動車検査証(車検証)・自動車納税証明書・自動車損害賠償責任保険証明書などの必要な書類がありますが、これらの書類はダッシュボードなどにしまっていて、普段は見かけないですよね。 

車検の時に見つからず、慌てて探したりする人も少なくないと思います。車検証がないと車検が受けられなくなってしまいます。 

そうならないためにも、前もって確認しておく必要がありますが、もし見つからなかったら再発行しなければなりません。 

そこで今回は車検証を紛失してしまった場合の再発行のやり方などを解説していきます。 

そもそも車検証ってどういうもの? 

車検証とは、車検の時に保安基準に合格していることを証明する書類です。 

正確に言うと【自動車検査証】と言って、車の戸籍となる非常に重要な情報が記載されています。 

その車に交付されているナンバープレートの表示や、登録年月日や初年度登録年月日、満了日など登録に関する記載がされています。さらに、所有者と使用者それぞれの氏名(名称)、住所に加えて使用する本拠地が記載がされています。 

一般的な車名やグレード名は表示されず、車固有の情報として車台番号が表示されています。

加えて原動機の形式、自動車の種別、用途、自家用・事業用の別、燃料の種類などが記載されていますが、この記載はメーカーが国土交通省に届け出た内容と同じものです。 

スポンサードリンク

車検証がないとどうなる? 

日本国内においては、車検証を車に積載していなければ、その車は公道を走る事ができません。 

仮に車検証を積載していない状態で公道を走ると、【50万以下の罰金】が科されることになります。 

運転免許の減点はありませんが、法律違反とみなされてしまうので、車検証がないまま公道を走る事は絶対にダメです。 

もちろん、再発行の手続きを受けるためでも、公道を走る事はできません。 

車検証再発行の時に必要な書類 

車検証再発行の手続きは、自分で車検証再発行をする時と、ディーラーや販売店、代行業者に依頼する場合とでは必要な書類は変わってきます。 

自分で車検証を再発行する時の必要な書類等 

普通自動車 

1 申請者の身分証明書 
2 手数料納付書 

3 申請書OCRシート第3号) 
4 車検証 
汚損してしまった車検証が手元にある場合に必要になります 
5 認印
 
※2・3は窓口で入手可能です 

軽自動車

1 自動車検査証再交付申請書 
2 車検証 

汚損してしまった車検証が手元にある場合に必要になります 
3 認印 
※自動車検査証再交付申請書は、窓口で入手可能です  

お店に依頼する時の必要な書類 

1 使用者の委任状 
使用者の認印の押印が必要です。 
2 車検証 
紛失ではなく、汚損してしまい再発行する場合です。 
3 理由書 
車検証を紛失や盗難で無くなった時に必要になります。 

費用は、普通自動車の場合は、検査登録印紙代300円、軽自動車の場合は、申請手数料300円がかかります。 

代行業者などに依頼する場合は、他に代行手数料もかかります。 

車検証再発行のやり方 

車検証の再発行の流れを事前に把握していればスムーズに手続きができます。 

また、依頼する場合でも手続きの流れを理解しておくと、手続きにかかる時間がどの程度なのかわかります。 

普通自動車は運輸支局、軽自動車は軽自動車検査協会に行って手続きします。 

1 運輸支局で必要書類を入手する 

平日の受け付け可能時間内に、再交付申請書(OCRシート第3号)と手数料納付書を運輸支局内の窓口に行ってもらいます。この方法は自分で行う場合も代行してもらうも変わりません。 

2 必要書類を記入する 

申請書と納付書に必要事項を記入していきます。記入方法がわからない場合は、運輸支局内のどこかに記入例が掲示されてますので、それを参考に記入してください。 

3 印紙を購入し、再交付申請手数料を支払う 

収入印紙を窓口の指示に従って購入します。購入したら、手数料納付書に収入印紙を貼り付けます。 

4 窓口にそろえた書類を提出する 

先ほど記入した申請書・納付書と事前に用意していた書類を窓口に提出します。通常交付までの待機時間は、10~30分程度で完了しますが、繫忙期(月末など)では混雑が予想されるため1時間程度を目安にしておいた方がいいと思います。 

5 車検証の交付を受ける 

窓口より整理番号か名前で呼ばれるので書類を受け取りに行きます。受け取ったら、しっかりと記入漏れがないか確認します。記入漏れや間違いがあれば再発行をもう1度やり直さなければなりません。そのため、不備があれば交付の時点でみつけ訂正してもらいましょう。 

あわせて読みたい

まとめ 

1車検証とは、車検の時に保安基準に合格していることを証明する書類です。 

2車検証を車に積載していなければ、その車は公道を走る事ができません。 

3車検証を積載していない状態で公道を走ると、点数は減らないが50万以下の罰金が科されることになります。 

4必要な書類は、自分でやる時と代行業者に依頼する時では変わります。 

5普通自動車は運輸支局、軽自動車は軽自動車検査協会に行って手続きします。 

6繫忙期(月末など)では混雑が予想されるため、余裕を持って再発行にいきましょう。 

スポンサードリンク