ステンレス製タンブラーの特徴・漂白のやり方などを調べてみた

ステンレス製タンブラーは、温かい飲み物も、冷たい飲み物も、保温・保冷効果があってオールシーズン使えるので、1つあると便利でとても人気があります。

ステンレス製タンブラーを長年使っていると、茶渋がついたり、汚れがついたり、臭いがついてしまったりします。 

そこで今回はステンレス製タンブラーの「特徴」や「購入の際の選び方」や「日常のお手入れ方法」や「漂白のやり方」を調べてみました。 

ステンレス製タンブラーの特徴 

ステンレス製タンブラーは、素材がステンレス製のタンブラーの形状(グラスの形の名称の1つで、寸胴型のグラス)の容器です。

マグカップやグラスよりも、入れた時の温度を長時間保ちつつ飲むことができます。ステンレスは熱伝導率が低く熱が逃げにくいため、保温性を求める飲み物には最も向いています。また、カップなどの資源節約のお礼として、マイボトルで割引サービスがあったりするのも特徴です。

また、各メーカーから、蓋付きでこぼれないものや保温性に優れた二重構造のものなど、さまざまな特徴のある商品が販売されています。 

スポンサードリンク

ステンレス製タンブラーの選び方 

保温性・保冷性をチェックする 

一番大事なポイントはもちろん、温かさや冷たさを長く保てるかの性能です。メーカーサイトなどで、どのような断熱構造なっているかの説明や保温・保冷性能のグラフなどを確認して、飲み物の温度を長時間保てるものを選びましょう。

ただし、温かい飲み物と冷たい飲み物では温度変化も変わってきます。一般的には保温性能に比べて保冷性能の方が勝るので、どちらか一方ではなく両方を確認するようにしてください。

実際使ってみないと分からない事も多いですがインターネットの口コミなどを参考にするのもいいと思います。 

使いやすさも大切 

断熱力が高いものには、その構造のために重たくなってしまっているものも少なくありません。購入前に必ず重量をチェックして見ることが大切です。

その他、手で持つのに大きすぎないか、持ちやすい形状か、などを確認するのも大切です。また、飲み口が分厚いと飲みにくくなってしまいます。

断熱層が厚くなっていても、飲みやすさを考えて縁を薄くしてあるものもあるので、よく確認してください。 

用途によって重要ポイントは変わる 

自宅で使用するのであれば、水筒のような大きなものは使いにくいですし、毎日使うものなので、オシャレシンプル飽きの来ないデザインがいいと思います。

また、持ち歩いて使う場合は、蓋の耐久力や、こぼれにくさを重視しましょう。

ステンレス製タンブラーの蓋付きのものでも中身がこぼれないかは商品によって変わるので、倒してもこぼれないか確認してから購入しましょう。 

洗いやすさをチェック 

飲み口が狭くて長めのものは、洗うときに底までまでスポンジが届きにくく、汚れが残りやすくなるので注意が必要です。

また、蓋の形状や構造も要チェックです。蓋の形状がシンプルなものや、各パーツが簡単に取り外せるものを選べば、手間をかけずに綺麗に洗えます。

ステンレス製タンブラーのなかには食洗機対応のものもあるので、購入前にチェックしましょう。 

日常のお手入れ方法 

洗い方の注意点 

間違った洗い方をすると、保温性や保冷性を損なったり、悪臭の原因になります。

ステンレス製タンブラーはサビに強いと言われいますが、内部に傷を付けてしまうと雑菌が傷に付着しやすくなって、サビを発生させたり悪臭を発生させる原因になるので、内部に傷を付けないように丁寧に洗いましょう。

お皿や鍋などを洗った後のスポンジは臭い移りの原因になるので、清潔な柔らかいスポンジを使いましょう。

洗剤は、酸性やアルカリ性は材質を傷めることがあるので、匂いのない中性洗剤を使いましょう。 

ステンレス製タンブラーの洗い方 

まずはじめに飲み口の部分や蓋、パッキンなどの分解できるところは全部外し、細かい部分まで洗うことができるようにします。後は清潔な柔らかいスポンジに匂いのない中性洗剤をつけて洗い、最後にしっかりとすすぎます。 

落ちにくい汚れがある場合は、50℃~60℃くらいのお湯に中性洗剤を2%くらい入れて、10分程度浸け置きしたあとでもう一度洗うと効果的です。 

ステンレス製タンブラーの漂白のやり方 

漂白の注意点 

家庭でよく使われいるハイターは塩素系漂白剤ですが実はステンレスをサビさせる原因になります。なので、塩素系漂白剤は使えません。

なんでも落とせそうで便利なメラミンスポンジも実は細かいきずを付けてしまうので使えません。漂白剤は酸素系の漂白剤を使いましょう。

ただし、酸素系漂白剤も長時間放置したり、よく洗い流さないとサビや腐敗の原因になるので、注意しましょう。 

漂白のやり方 

まずはじめに、ステンレス製タンブラーにお湯(30℃~40℃)を入れます。 

次に、水1ℓに対して4gの割合で酸素系漂白剤(粉末)を入れます。そのまま15~30分浸け置きします。 

最後にしっかりと流して、よく乾燥させます。 

まとめ 

1ステンレス製タンブラーは保温性・保冷性や使いやすさをチェックする 

2用途によって蓋付きのものや、洗いやすいものなどを選ぶ 

3日常のお手入れは内部に傷がつかない、清潔で柔らかいスポンジや、匂いのない中性洗剤を使う 

4漂白は酸素系漂白剤を使う 

スポンサードリンク