サカマキガイはメダカと相性がいいスネール?

飼っているメダカかと思ったら、水槽の水面を、ひっくり返りながら泳いでいる奇妙な貝。

それは、「サカマキガイ」という巻貝です。

この生物、メダカと一緒に飼っても大丈夫なのでしょうか。

サカマキガイはスネールの代表的な一種

サカマキガイは、俗にいう「スネール」の代表的な一種です。もともとスネールは巻貝の英語読みですが、飼育の分野では、意図せずに水槽に侵入してしまった小型の巻貝を指すことが一般的なようです。代表的なスネールとしては、サカマキガイ以外ですと、モノアラガイやタニシなどが挙げられます。

サカマキガイは、購入した水草などに付着してあなたの家の水槽へとやってきます。時には、メダカを買った際、メダカの尾ひれに卵(卵のう)が付いていて、あなたの家の水槽に侵入してしまう場合もどうやらあるようです。

サカマキガイの生態などについては、こちらの記事をご参照ください。

スポンサードリンク

サカマキガイはメダカの成魚や卵を食べる?

特にメダカのような小魚の場合、心配なのが、メダカが食べられてしまわないかという事です。結論から申しますと、メダカが食べられる心配はありません。

他のスネールと同様に、サカマキガイもまた、雑食性の生き物です。水槽内の藻類(苔など)や水草、動物の死骸などを食べます。また、メダカのフンを食べてくれるので、その点で言えば水槽美化には貢献してくれます。

サカマキガイがメダカの卵を食べる危険性はあるか?

メダカの成魚が食べられる心配がないことはわかりました。では、メダカの卵はどうなのでしょうか?

こちらも結論から申します。サカマキガイがメダカの卵を食べる心配はありません。寧ろ、メダカの成魚が誤って卵を食べる危険性の方を心配した方が良いでしょう。

サカマキガイはメダカと共存可能だが

ということは、サカマキガイはメダカと共存させることは問題ないじゃないか。と思うでしょう。実際、サカマキガイが大量発生して、水草を対象に食すなどのことがなければ、充分に共存可能だと思います。

ただ、これは筆者の完全な主観なのですが、別の記事でも書いたように、サカマキガイは肝蛭の中間宿主となる生物ではあります。寄生虫なので、それを食べない限り影響はないと思われるのですが、心情的に良いものではないので、オススメはしたくないところです。

メダカと共存するならサカマキガイよりもタニシ

水槽浄化の観点から、もしスネールをメダカの水槽に共存させるなら、サカマキガイよりもタニシをお薦めします。

特に、3~4cmと小さいヒメタニシをおすすめします。

ヒメタニシは、サカマキガイのように苔やメダカのフンなどを食べてくれながらも、雌雄異体で繁殖力が弱く、また、肝蛭を媒介することもありません。

まとめ

1.サカマキガイは、「スネール」の代表的な一種で、購入した水草やメダカに卵(卵のう)にくっついて侵入してくる。

2.サカマキガイは、苔やメダカのフンを食べてくれ、水槽の環境良化に貢献してくれる。メダカと共存可能だが、寄生虫である肝蛭を媒介するので印象が悪い。

3.水槽浄化でスネールをメダカと共存させるなら、サカマキガイよりもタニシがおすすめ。中でもヒメタニシをおすすめしたい。

スポンサードリンク