Ponta(ポンタ)ポイントの有効期限は?Ponta会員ID登録とPontawebの有効活用を

引っ越しなどでPonta(ポンタ)をまったく使わなくなったら、いつの間にかポイントの有効期限が・・・。そんな悲しい思いをした人も少なくは無いでしょう。 今回は、Ponta(ポンタ)ポイントの有効期限をテーマに書いていきます。

Ponta(ポンタ)ポイントはPonta会員ID登録で有効期限を延ばせる

まず注意してほしいのが、Ponta(ポンタ)ポイントの有効期限には3種類ある、という事です。どういうことかと言うと、有効期限が、Ponta会員(Ponta会員ID登録済み)かどうかと、リクルートIDを登録しているかどうかで変わってくるのです。具体的には次のようなことです。

Pontaポイントの有効期限

①リクルートID登録済み/Ponta会員ID未登録
最終ポイント加算日から12か月後の月末

②リクルートID登録済み/Ponta会員ID登録済み
最終ポイントの利用日または加算日から12か月後

③リクルートID未登録/Ponta会員ID登録済み
最終ポイントの利用日または加算日から12か月後

つまりは、Ponta(ポンタ)会員IDにさえ登録をしておけば、実質的にポイント利用日から1年後が有効期限になる、というわけです。

スポンサードリンク

ポンタカードの有効期限の見方は?Pontawebで見るのが楽

ポイントの有効期限の仕組みがわかったら、次はその有効期限の見方です。どこでポイントを確認すれば良いのでしょうか。

稀に誤解があるようなので念のため記載しますと、ポンタカード自体には有効期限はありませんので安心してください。有効期限が発生するのは、あくまでもクレジット機能付きのポンタカードの場合のみです。

さて本題です。Ponta(ポンタ)カードのポイントを確認するなら、やっぱりウェブで確認するに尽きます。つまりは、PCならPontawebから、スマートフォンならアプリ「Pontaカード公式」から基本ということになるでしょう。

Pontaweb(ポンタ公式サイト)はトップ画面にポイント有効期限が書いてある

Pontaweb(PCからの閲覧)の場合、トップ画面に有効期限が書いてあるので確認は簡単です。

スマートフォン版サイトでも、トップ画面にあるポイント数が記載している枠をタップすれば簡単に見ることができます。

Pontaアプリをau IDと連携している人はポイント確認がやや手間

対して、注意が必要なのはアプリで確認をする場合です。アプリを使う場合、以前の記事で、Pontaアプリには、リクルートIDか、またはau IDでログインをすると紹介しました。

あなたが、リクルートIDでPontaアプリを利用していれば、ポイント有効期限を確認するのは簡単です。ポイントのところをタップすれば、Pontawebに遷移し、ポイント有効期限が確認できます。

※Ponta(ポンタ)アプリについての記事はこちら

問題は、au IDで登録をした方です。

au IDでポンタアプリ「Pontaカード(公式)」の登録をした場合、ポイントのところをタップすると、au IDの画面に遷移します。

現状、au IDでポンタポイントの有効期限を確認するのがやや手間ですので、ここで解説します。次の手順が必要になります。

au IDでポンタポイントの有効期限を確認する手順

①au IDアプリのトップ画面右上にある「MENU」ボタンをタップ

②スクロール画面の下から三番目「P Pontaポイント/auポイント」にある「ポイント情報」をタップ

③「ポイント有効期限を確認する」(オレンジ色のバナー)をタップ

④上から2番目の「Pontaポイント有効期限」の表を確認

となります。

正直言って、面倒くさいです。ただ、Ponta(ポンタ)カードとau IDの連携は、その面倒くささを補って余りあるメリットがあります。

恐らく、そう経たずに修正がされると思いますので、いまは我慢して上記のやり方を覚えて対処しましょう。または、ポイント有効期限の確認の時だけ、ブラウザでPontawebに入って確認をするのも方法です。

とにかく、ポンタカードの有効期限に限って言えば、Pontawebで確認する方が現状は楽です。

Ponta(ポンタ)カードを再発行した場合の有効期限は?

あと、気になるのが、ポイントカードを破損または紛失し、プラスチックのPonta(ポンタ)カードを再発行した時でしょう。なにせ、Pontaカードを再発行すると、会員IDが変わってしまうのは有名な話です。

結論を申します。再発行された時の新IDには旧情報が移管されますので、有効期限は変わりません。ですので、そちらの意味では安心です。そもそもの、無くしたことへの不安は置いておきまして・・・

Ponta(ポンタ)カードの再発行方法については、こちらをご覧ください

おさいふponta(プリペイド)の有効期限はどうなる?

最後に、プリペイドタイプのPonta(ポンタ)カードのことについて触れて終わりにしようと思います。

先日のニュースでもう知られたところとなっていると思いますが、プリペイドタイプのPonta(ポンタ)カード、いわゆる「おさいふponta」は、2020年の8月17日でプリペイドサービスを終了します。

そうなると、残ったポイントはどうなるんだ? と疑問がわくのが自然でしょう。

結論を申しますと、8月17日時点でいきなりポイントの有効期限が切れることはありません。

プリペイドタイプPonta(ポンタ)カードの利用規約には、「最後に未利用残高が変動した日から2年間経過する日」が有効期限とされています。

ただし、サービスを終了してしまう以上、そこに割かれる人員が減るなどの問題も出るでしょうし、手続きは以前よりも面倒になる恐れがあります。消化しきれるなら、出来るだけ早くポイント消化するのが吉でしょう。

まとめ

1.Ponta(ポンタ)ポイントの有効期限は、基本的には最終利用から1年間(12か月)。ただし、Ponta(ポンタ)会員IDにさえ登録をしておけば、実質的にポイント利用日から1年後が有効期限になる。

2.Pontaカード(公式)アプリから確認する場合、au IDで連携している人は、ポイント有効期限の確認が、現状だとやや面倒なので注意が必要。

3.Ponta(ポンタ)カードを再発行しても、ポイントの有効期限がリセットされることは無い。

スポンサードリンク