Ponta(ポンタ)とdポイントの交換は9月まで!プリペイドの活用を

2015年よりポイント連携がスタートし、ドコモユーザーをはじめ、多くの人に恩恵をもたらしたであろうPonta(ポンタ)とdポイントの連携ですが、残念ながら今年の9月でサービスが終了してしまいます。

Ponta(ポンタ)とdポイントとの相互交換は2020年9月30日(水)まで

スマートフォンまたはガラケーのキャリアがNTTドコモの方の一部には、このニュースはショックだったのではないでしょうか。2020年7月初旬に、Ponta(ポンタ)ポイントとdポイントとの相互交換サービスが終了とするニュースリリースが流れました。

2020年9月30日(水)の23:30で終了

ポイント相互交換は2020年9月30日(水)の23:30をもって終了となります。今日(2020年8月16日)から残りあと1か月半ということになります。

Pontaとdポイントは交換率100%でポイント交換できた

なにせ、Pontaとdポイントは、ポイント交換で相性が良い組み合わせのひとつでした。

では、ここで両者間の状況についていま一度おさらいしてみましょう。

dポイントは、Ponta(ポンタ)ポイント1に対し、当該ポイント1の割合で交換できる、いわゆる交換率100%の状態にとなっています。しかも、双方向でポイント交換率が100%という、良い意味で珍しい関係にありました。

スポンサードリンク

Pontaをdポイント交換したらdカードプリペイドにチャージ

特に、これまでPontaを活用してきたNTTドコモのユーザーの方は、ポイントを持て余さないように気をつけたいところでしょう。

筆者がおすすめしたいのは、まずPontaをdポイントに交換し、そのdポイントをdカードプリペイドにチャージして、買い物をする方法です。

これを行うと、

  • Pontaとdポイント間の交換を最もお得にできる
  • 買い物をよりお得にできる

という二点が実現できるからです。

dプリペイドカードは、Amazonや楽天市場での買い物にも使えますので、そっちで使っていただいても何ら問題はないのですが・・・

Ponta(ポンタ)からdポイントに変えれば手数料がかからない

まず、最初のステップは、Pontaとdポイント間での交換についてです。

Pontaポイントとdポイント間の交換を考えるにあたって、よりお得なのはPontaからdポイントへの交換になります。

dポイントからPontaへの交換は色々と制限があります。同一年度内の交換が2口まで(5,000ポイント×2回)であったり、その際に手数料がかかるといった制限がある反面、Pontaからdポイントの交換は、100ポイントから交換が可能で、かつ手数料も発生しません。

審査不要のdカードプリペイドに交換したdポイントをチャージ

貯まったdポイントを使う道具としておすすめしたいのが、審査不要のプリペイドカードである「dカードプリペイド」です。

事前にチャージした分だけしか使えませんから、これなら、クレジットカードタイプのdカードとは違って、使い過ぎてしまう心配もないでしょう。

dカードプリペイドならローソンの買い物で実質3%ポイント還元

dカードプリペイドを使ってお得になる先の1つが、ローソンです。

dカードプリペイドを使って買い物をすると3%割引となるのです。ただ、これは実質的には、購入金額の3%分を追ってポイントという形で付与してくれる流れになりますので、実質的にはポイント還元となります。

また、dカードプリペイドは、ローソンでチャージすることもできます(他にはセブン銀行などでも可能)。

Pontaを使ったローソンでの買い物もお得でしたが、通常時のポイント活用という点でいえば、dカードプリペイドも、勝るとも劣らないレベルでお得だと言えるでしょう。

dカードプリペイドはAmazonや楽天そしてセブン‐イレブンなどでも使える

それ以上にお得なのが、dカードプリペイドが全国のiD加盟店で利用できるという点でしょう。

iD加盟店には、セブン‐イレブン、ローソン、ファミリーマートのコンビニ大手3社や、イオンやイトーヨーカドーなどの大型スーパー、マクドナルドなどの飲食店ほか、日本全国約111万台のレジ(2020年3月時点)にて利用ができます。

詳しくはこちらをご覧ください

また、dカードプリペイドはMaster card加盟店でも利用ができます。これを活かして、dポイントをdカードプリペイドにチャージしたのち、ネットショッピングの決済でMaster cardとして登録のするのです。

あとは、支払時の方法としてdカードプリペイド(Master card扱い)を選択すればOKです。この方法を取れば、Amazonや楽天市場といった、Master cardで買い物ができるショッピングサイトならどこでも利用ができます。

まとめ

1.Ponta(ポンタ)とdポイントとの相互交換は2020年9月30日(水)23:30をもって終了する。

2.ドコモユーザーが貯めたPontaを活用する方法はいくつかあるが、Pontaポイントをdポイントに交換したうえで、dカードプリペイドにチャージするのが特におすすめ。

3.dカードプリペイドは、iD加盟店およびMaster card加盟店で利用ができる。そのため、セブン‐イレブンなどコンビニ大手3社やAmazonなどの大手通販サイトでも利用できる。

スポンサードリンク