お風呂マットはカビが生えやすい

お風呂のマットの裏側を見て幻滅した経験ありませんか?

表面はそうでもないのに、裏側は真っ黒になっていることもあります。

お風呂にもよりますが、子供が小さいと浴室の地べたに直接座らせるのも可哀そうですしね!

このバスマット最後に出る時にしっかりと立てかけておいてもカビが出ます。

温度、湿度、栄養分とカビが繁殖する条件が揃っている浴室です。

特にお風呂マットの裏側には、石鹸カスが溜まり、スポンジのような素材の為、熱がこもり湿気もある状態です。ましては風通しは最悪です。

気を付けていても、カビが生えてしまうバスマット。どうやってカビを落とすか?を紹介します。

スポンサーリンク

お風呂マットカビの取り方

いつものことですが、お掃除は手早く簡単にやりたいところです。

お風呂マットのカビ取りに手間暇かけているほど暇じゃない!

そんなあなたにお勧めの方法です。

この方法はダメ!

その前にお風呂のマットを洗うときに、硬めのブラシで擦る方がいますが、あんまりよくない方法です。

表面に傷が入ると、そこに汚れが溜まり、ますますカビが生えやすい環境となってしまいます。

表面のヌメリなどを取る時にはスポンジなどを使うようにします。

キッチンハイターでカビを落とす

カビを取り除くにはキッチンハイターです。カビキラーでも落ちますが、泡で出る洗剤をお風呂のまっと全体に塗るのは大変な作業になります。

スプレーボトルに2倍~10倍に水で希釈したキッチンハイターを入れます。

2倍~10倍と幅が広いですが、汚れがきつければ2倍程度で黒い点が少し出ている位なら5倍位、ヌメリ程度なら10倍位に希釈します。

キッチンハイターの次亜塩素酸ナトリウムはカビキラーの10倍の濃度なので、10倍に薄めても能力はカビキラーと変わらないということです。

【お風呂マットのカビ取り手順】

    1.お風呂マットの裏側を上に浴室の床に置きハイター液を吹きかけます(壁に立てかけるとハイター液が下に流れてしまいます。)

    2.10分~30分程度放置します。(黒いカビが消えるまで放置します。)

    3.お風呂マットを裏返してハイターを吹きかけ5分程度放置(カビが出ているようでしたら裏面と同じくらい放置します。)

    4.シャワーでよく流します。

※注意点※

・ハイターを使うときは必ず換気扇を使い換気の良い状態で使うようにしましょう。

・手荒れ防止の為にゴム手袋などを使用しましょう。

ハイターを吹きかけた後、時間を置けばカビは無くなってきます。30分置いても消えない場合は、ハイターの濃度を上げて再度放置してみてください。

カビが生えないようにするには?

カビが生えやすいお風呂マットですが、カビを出にくくすることは出来ます。

以下の点に気を付けてみてください。

    ・浴室の換気扇をつけっぱなしにする。

    ・最後に冷たいシャワーでマットを洗い流す。

    ・週に1回は天日干しにする。

    ・立てかけて置く際に壁との接地面積を出来るだけ減らす。

とにかく風通しを良くしてあげることです。換気扇を回すときはドアを閉め、浴室内に強い気流を起こすように工夫します。

最後に冷たいシャワーで流す事で、汚れを落とすばかりではなく、浴室内温度も下がりカビが繁殖しやすい環境を奪います。

まとめ

お風呂のマットのカビ取りをする時に、タイルの目地などにもハイター液を吹きかけると綺麗になります。

浴室内のカビ取りも一緒にやってしまうのも良いですね。

あんまり、黒くなるまで放置せずにマメに掃除してあげましょう。

スポンサーリンク