お風呂の蓋のカビは早めに処理

お風呂の蓋ってカビが生えますよね!

我家は蛇腹のお風呂の蓋を使っていますが、でこぼこの溝にカビが生えてくるんです。

これ落とすのは結構大変で擦っても落ちないし、カビキラーを使っても表と裏に吹きかけるとかなりの量になるし、時間もかかります。

カビキラーって大量に長時間使うと味覚がおかしくなったりします。

塩素ガスが発生しますから、吸い込んで身体に良いわけがありません。

しかし、お風呂の蓋のカビを放置すれば浴室にカビを蔓延させる原因となってしまいます。

カビの胞子が浴室にまき散らされるので、そこら中にカビが出来る可能性も。

もっと怖いのは、お風呂に入っているときに室内温度が上がると、カビの胞子がまき散らされ人間が吸い込んでしまう事ですね!

これは身体に悪いです。しっかりカビ対策を行いましょう。

当ブログでもお風呂のカビ対策は結構紹介していますが、今回はお風呂のカビの取り方と予防法を紹介します。

スポンサーリンク

お風呂の蓋のカビ取り掃除方法はハイターに浸けておくだけ

お風呂の蓋を綺麗にする前に、カビが溝にガッツリ生えている状態の物を綺麗にすることは出来なくもないですが、またすぐにカビが生えてきてしまいます。

カビは根を張るため、表面上のカビが落ちてもまたそこにカビが生えやすくなってしまいます。

その様な場合は高額ではないので蓋を買い替えた方が良いでしょう。

残り湯で浸け置き

残り湯を蓋が浸かる程度の水量を残して、そこにキッチンハイターを入れます

キッチンハイターはキャップ2杯程度を目安にいれます。

カビがひどければ、キッチンハイターの量を増やしてください。

一番強力なのは直接原液を振りかける方法です。キッチンハイターに含まれる次亜塩素酸ナトリウムはカビキラーより多く含まれています。なので、効果は強力です。

蛇腹の蓋は水に浮いてくるので、途中でひっくり返すか、上から重しを載せてあげます。お風呂場にある椅子や洗面器なども一緒に浸けてしまうのも良いですよ。

1,2時間浸け置きすれば十分ですが、翌日まで浸けても構いません。

最後に軽くブラシやスポンジで擦って、シャワーでよく洗い流して完了です。

浴槽もシャワーでしっかり流しましょう。

ポイント

1回の浸け置きで全て綺麗にしようと思わず、1、2週間に1度くらいの頻度で蓋を浸け置きすれば、だんだん綺麗になっていきます。

定期的にこの様な浸け置きを行うことで、カビの発生を防ぐことが出来ます。

キッチンハイターを使うときは必ず手袋をして換気扇を回して使用するようにしてください。

お風呂の蓋の水垢はクエン酸水に浸けておく

お風呂の蓋に水垢がついてしまった場合はどうするか?

基本的にはカビを落とすのと同じ方法です。

使うのが「キッチンハイター」ではなく「クエン酸」に変わります。

残り湯にクエン酸を大さじ2杯~4杯程度入れて浸け置くだけです。この量も水垢がひどければ多めに入れて浸け置きます。また、長時間浸け置く方が効果が期待できます

最後にスポンジやブラシを使って擦り落とします。落ちが悪い場合は重曹などを直接ふりかけて擦ると落ちやすくなります

水垢も1度に全て落とそうと思わず、定期的に浸け置きをすることで綺麗になっていきます。

キッチンハイターとクエン酸の浸け置きを1週間ごと交互に行う方法がオススメです。

まとめ

浸け置き掃除はそんなに時間がかからず手間も取りません。

それでも、結構きれいになるのでお勧めの方法です。

汚れをためて一気に綺麗にしようと思うと結構大変です。これが掃除嫌いになってしまう悪循環です。

あまり掃除をしなかった方も、定期的な浸け置きで徐々に綺麗にしていけば負担なく出来るのではないのでしょうか?

お風呂の蓋が綺麗になるだけでも浴室内の不快指数が下がると思いますよ!

スポンサーリンク