ノロウイルス用消毒スプレーを作る

ノロウイスルスはエンベロープを持たないウイルスとされアルコール消毒や熱消毒に対して抵抗力が高いとされています。

その為、正しい消毒を行わないと感染拡大の危険があり、各自治体などでも消毒液の作り方を公表しています。

その作り方をご紹介します。

ハイター消毒液の作り方

用意するもの

市販されているハイター、ブリーチなどの塩素系漂白剤

スプレー容器

500mlの空ペットボトル

ゴム手袋

1.ペットボトルに水を500ml(飲み物が入っていたラインくらいまで)入れ、ペットボトルのキャップ2杯分の塩素系漂白剤を入れます。

2.ペットボトルからスプレー容器に移し変えて出来上がり。

非常に簡単に作れます。

使用方法

吐しゃ物やトイレ、床などに直接吹きかけて使います。

この際に注意していただきたい事

使用の際は必ずゴム手袋をして直接肌に触れないように注意してください。

必ず換気を行ってください。塩素系洗剤を使う際の使用上の注意に従って行うようにしてください。

特に酸性の洗剤とまぜないでください。有毒ガスが発生して危険です。

衣類などに使う場合

衣類などに使う場合にはさらに希釈して使う必要があります。

塩素系漂白剤の成分次亜塩素酸ナトリウムは市販のハイターやブリーチの場合5,6%となっています。

上記で紹介したペットボトルで作った場合、キャップ1杯が約5ml 2杯入れるので10mlとなり500mlの水で約0.1%の消毒液が出来ます。

衣類に使う場合は0.02%程度の消毒液を使用するようにします。

なので、0.1%の消毒液をさらに5倍に希釈して使うか、キャップ半分の原液を500mlの水で薄めるようにして作り直します。

漂白剤なので色柄ものに使う場合、色落ちの原因となりますので十分に注意して、さらに薄めの消毒液から使うようにしたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

その他注意事項

ドアノブなどの金属に使う場合腐食の原因となりますので、必ず消毒した後は拭き取るようにしてください。

作り置きしておくと、時間経過とともに効果が薄れてきます。使用する直前に作るようにしましょう。

消毒液を吹きかけた後、放置時間が長ければ長いほど効果があると言われています。しかし、同時に漂白効果などで変色する場合がありますのでご注意ください。

まとめ

私の知人に保育士さんがいます。

園児がノロウイルスに感染すると、さらなる感染を防ぐために素早くご紹介した消毒液を使い消毒するそうです。

その他にも園内すべて消毒を行わなくてはならないと言っていました。

また、吐しゃ物を片付けた手袋や雑巾はビニール袋に入れて処分するそうです。

私も一度かかりましたが、大変苦しい思い出です。

スポンサーリンク