忌避剤は効果ある?ネズミ駆除できるの?燻煙タイプや設置タイプなど

ネズミ駆除グッズでよく見かける忌避剤(きひざい)ですが、置くだけでネズミを遠ざけてくれる効果があるといわれてますが、いったいどれほどの効果があるかわかりませんよね。 

そこで今回はネズミ駆除グッズの忌避剤について勉強していきます。 

忌避剤って? 

忌避剤にはネズミを寄せ付けない効果があります。捕獲したり殺傷したりしないので、ネズミを処分する手間が省けます。以前は置くだけの錠剤タイプの忌避剤が中心でしたが、今ではさまざまなタイプが発売されており、スプレータイプやスモークタイプなどがあります。また、隙間を埋めるためのパテに、忌避剤を混ぜ込んであるものもあるので、使用する場所に応じて使いやすいものを選びます。 

忌避剤はネズミの再侵入を防ぐものなので、ネズミの駆除をおこなった後に使用します。 

スプレータイプ 

スプレータイプは、ネズミが嫌いなハーブ(ハッカなど)やネコの臭いがついた液体を、スプレーで直接ネズミに吹きかけたり、寄せ付けたくない場所に直接スプレーすることで、忌避効果を得られます。即効性はあるものの、持続性がないという欠点があります。 

使用する場所 

スプレータイプの忌避剤が有効な場所は、換気口・エアコンの導入口・配管周り・雨戸の戸袋などのネズミの通り道になりやすい場所です。また、エサを求めて集まりやすいゴミ箱の周りにスプレーするのも効果的です。 

スプレータイプの注意点 

その場にいるネズミを追い出すときは有効ですが、防除としては持続性がないため、あまり向いていません。繰り返し使うことで防除できるときもありますが、スプレーの匂い(ハッカ・琉球ハーブなど)が強くなってしまい、人間にも嫌な臭いになってしまうことがあります。また、臭いに慣れたネズミには効果がなくなったり、ガスを使っているため、冷蔵庫裏などで使うときは引火する恐れがあるため、注意が必要です。 

スポンサードリンク

設置タイプ 

ネズミが嫌がる成分の臭いを染み込ませたゲルを、ネズミが通りそうな場所や巣の近くに設置することで、ネズミを追い出す効果があります。巣や通り道、侵入口がわかっている場合は、そこに寄せつけにくくなる効果があります。設置後、効果はしばらく続くものの、永久的ではないので定期的に交換する必要があります。 

使用する場所 

設置タイプの忌避剤が有効な場所は、天井裏・床下・シンクの下・物置・倉庫などです。一定箇所えネズミの嫌がる臭い成分をだすため、追い払ったネズミを再度侵入させないための予防効果があります。 

設置タイプの注意点 

スプレータイプと同じく、手の届く範囲しか置けません。また、臭いに慣れたネズミには効果がなくなります。 

燻煙タイプ 

燻煙タイプは、侵入させたくない部屋などに煙をまんえんさせて忌避剤を充満させます。一気に広範囲への効果が期待できるのが特徴です。スプレーしにくい場所や、どこにいるかわからないネズミに対して効果的です。しかし、薬剤の影響で火災報知器が反応したり、電子機器を壊してしまったりするため、取り扱いには注意が必要です。 

使用する場所 

燻煙タイプの忌避剤が有効な場所は、天井裏・床下など狭くて人の手が届かない場所です。蒸気や煙が隙間に入り込み、忌避成分を拡散します。広範囲に効果があるので、倉庫などの広い場所にも有効です。しかし、使用後は換気が必要なので、窓のない場所は扉を開放するなどの換気をしてください。 

燻煙タイプの注意点 

燻煙タイプは、微量の毒性があるため、子供のオモチャやペット用品、食品などにかからないように気を付けなければなりません。そのため、使う前にペットや植物、パソコンなどの電子機器、服や食べ物などを煙の届かない場所へ移動するか、カバーをかけたりする必要があります。また、ネズミの個体差で臭いに慣れたネズミに効かない場合もあります。 

他のグッズはこちらへ

忌避剤のメリット 

忌避剤のメリットは、ネズミの死骸を処理しなくてもいいことです。これはネズミを殺す駆除剤と違って、忌避剤はあくまでもネズミを追い払うことを目的としているからです。 

ネズミの死骸がでた場合、単に処理に手間がかかるでけでなく、ネズミは不衛生なために触ってしまうと何らかの健康被害を受ける可能性があるためです。 

忌避剤のデメリット 

忌避剤のデメリットは、駆除剤に比べて効果が弱いことです。これは、ネズミを追い払うという忌避剤の性質上、効果が切れると追い払ったネズミがまた侵入してきたり、追い払ったネズミとは違う別のネズミが侵入してきたりすることがあるためです。 

さらに、同じ忌避剤を使っていると、ネズミがその匂いに慣れてしまい、効果がなくなることもあります。 

まとめ 

ちゃんと目的に沿った忌避剤を使ったけど全然効果がない、という場合は忌避剤自体の効果を勘違いしているかもしれません。特によくある勘違いが、忌避剤を使えばネズミを駆除できるという勘違いです。 

忌避剤はネズミを近づけない定着させないといった目的で使われるため、殺鼠目的ではありません。ネズミの死骸を見たくない場合や巣ができる前に防除しておきたいといった目的にはピッタリですが、すでに巣ができていて、ネズミが定着している場合は駆除剤を使うか、業者さんに頼むかがオススメです。 

スポンサードリンク