農家さんに聞いたら長ネギの栄養がすごかった

営業先で千葉県にある農家さんに立ち寄った際に色々な話を聞く機会がありました。

その農家さんは通常長ネギの栽培をしているのですが、夏の間は別の作物を作っているそうです。

長ネギは暑いところで育てるとおいしくならないそうです。甘くならないのではっきり言って「まずい」と言われてました。

関東地区では、夏場は北海道産や高地で栽培されるネギなどが入ってきてスーパーなどの店頭に並ぶそうです。

そんな長ネギ農家さんが、ネギの栄養について熱く語ってくれたので、色々調べてみました。

調べていくうえで、長ネギのパワーについて分かってきたのでまとめておきたいと思います。

長ネギってどんな野菜?

一般的に「ネギ」と言えば東日本では「根深ネギ」と言われる白い部分多いネギの事を指し、西日本では陽に当てて作った細い葉ネギを単に「ネギ」と言います。

ネギは白い部分が多いネギと緑の部分の多いネギがあるということです。

実はネギは「白い部分」と「緑の部分」で栄養素が違うんです。

東日本では、緑の部分を食べないで捨ててしまう方もいるようです。

実はこれがすごくもったいない事をしているのです。

スポンサーリンク

青い部分の栄養

ネギの青い部分に含まれる栄養はどんなものがあるのでしょうか?

βカロチン

βカロチンは体内に吸収されるとビタミンAとなり働きます。

癌の抑制作用が有名です。

セレン

ミネラルの中の必須微量元素のひとつです。

免疫機能を高め癌に対する抑制効果が期待できます。

フルクタン

食物繊維の一つで、緑の葉の裏などにあるネバネバの成分です。

ネギがインフルエンザや風邪に効くとされる成分です。

カリウム

体内の余分な塩分を体外に排出するのを手伝ってくれます。

むくみの解消に効果的です。

葉酸

ビタミンB郡のひとつで、不足すると動脈硬化の原因になると言われています。

妊婦は葉酸が不足すると胎児に影響を及ぼす為に必須と言われるものです。

アリシン(硫化アリル)

辛味成分で、血行を促進してくれます。

殺菌作用が強いので薬味として使えるのもアリシンのおかげです。

加熱すると甘みとなります。

※この他にもカルシウムなども含まれています。

白い部分の栄養

アリシン(硫化アリル)

辛味成分で、血行を促進してくれます。

殺菌作用が強いので薬味として使えるのもアリシンのおかげです。

加熱すると甘みとなります。

ビタミンC

抗酸化作用が期待でき肌の健康に役立ちます。

フルクタン

緑の葉の裏などにあるネバネバの成分です。

ネギがインフルエンザや風邪に効くとされる成分です。

カリウム

体内の余分な塩分を体外に排出するのを手伝ってくれます。

むくみの解消に効果的です。

まとめ

白ネギにしても青ネギにしても栄養豊富で美容や健康に良い事は分かった思います。

身近にある野菜で低価格で栄養豊富となれば食べないわけにはいきませんね!

これからは意識して長ネギを食べるようにしようと思います(笑)

スポンサーリンク