エアコンを使わずに夏を乗り切る

暑い夏を乗り切るためにはエアコンは必須と言われる時代ではありますが、様々な理由でエアコンを使わない方も多いようです。

特にエアコンの風が嫌いと言う方や、電気代節約のためにエアコンを使わない方、そもそもエアコンを持っていない方など理由は様々ですが、暑いのは皆同じです。

そこで、エアコンを使わずに夏を乗り切る方法をまとめました。

扇風機を効果的に使う

エアコンが普及する前は扇風機が夏の主役でした。

扇風機は使い方によっては、かなり役に立ってくれます。

電気代もエアコンの10分の1以下と、家計にも優しいのでエアコンなし生活では大活躍してもらいたいです。

効果的な扇風機の使い方を紹介した記事はこちら

エアコンなしで夏を乗り切る!扇風機を効果的に使えば暑さをしのげる

室内温度を上昇させないための工夫は?

日中の日差しが部屋の中に差し込んで、室温が上昇してしまうと部屋の中にいるのも辛くなりますね!

近年ではグリーンカーテンを実践する人も多くなっています。

グリーンカーテンは日陰を作ってくれるだけではなく、蒸散効果によって打ち水と同じような効果を得ることが出来ます。

グリンカーテンの実践方法やオススメ植物の育て方などまとめた記事はこちら

グリーンカーテンまとめ!節電効果はどれくらい?作り方やおすすめは?

涼を感じる為の技は?

夏の風物詩と言えば風鈴です。

風鈴の音は癒し効果があるだけではなく、体温を下げてくれる不思議な効果も期待できます。

そんな風鈴の効果を知りたい方はこちの記事をどうぞ

風鈴にはどんな効果があるの?癒し効果や体感温度まで下げる

どうしても暑い時に涼を取る方法はこの他にもあります。

効果的と思われる方法を紹介しているのがこちらの記事です。

エアコンなしで涼をとるための技を紹介!暑い時はこれで乗り切る

スポンサーサイト

打ち水で周辺温度を下げる

日本で昔から行われている涼を取る方法と言えば打ち水です。

その効果は近年エコな方法と注目されています。

地球温暖化のせいで、エコな方法は見直される方向にあるようですね。

効果的な打ち水の仕方を紹介しているのはこちらの記事です。

打ち水の効果的なやり方は?周辺温度が下がる理由と最適な時間帯

寝苦しい夜を乗り切る

エアコンなし生活で、夜の時間帯は日中より過ごしやすい時間ではありますが、寝るとなると別の問題のようです。

快適に寝るための様々なグッズが発売されていますが、高額なものも多くエアコン代を節約している意味が分からないようなものまであります。

安くて効果が期待できるから意味があるわけで・・・

寝る時に快適に過ごせるためのグッズを紹介しているのがこちら

暑い夏をエアコンなしで快適な睡眠を取る為の安い寝具選びを紹介

暑さに強くなる方法

涼を取ることも暑さを乗り切るための方法ですが、自分の身体が暑さに強くなることも大切。

人間が体温を維持するための機能は汗をかくこと!

この機能が弱っている人が多いと言われています。

しかし、汗腺は鍛えれば復活するそうです。

汗腺が復活する方法を知りたい方はこちら

夏バテ防止の為に汗腺を鍛えて体温をコントロールしよう

まとめ

様々な方法を駆使して暑さを乗り切れば、エアコンを使わなくても生活できます。

熱中症だけには気を付けてエアコンなしの夏を楽しんでください。

スポンサーサイト