0570で始まる電話番号ってどこから?

0570-○○○―×××と言う市外局番の番号から携帯電話へ着信があったんだけど、これどこの市外局番?

関西方面なのかな?いったいどこからかかってきているの?

知らない番号の電話へ折り返すのって嫌ですよね!

ましてや0570なんて見慣れない市外局番だと尚更かもしれません。

最近は携帯電話にもセールスの電話だったり、歓迎しない電話がかかってくることも多くなっています。

「どこ?」からかかって来ているのか分からない電話に出るのは気が引けて当然です。

さて、この0570と言う番号はどこからかかっているのでしょう?

ナビダイヤルというサービス

0570から始まる番号は市外局番ではなく、NTTコミュニケーションズが提供する「ナビダイヤル」と言うサービスの番号なんです。

全国に支店を持つ企業が、サポートセンターの番号を地域ごとの市外局番ではなく全国どこからでも同じ電話番号として使えて、かつ通話料が発信者負担で受けられる番号として使われています。

サポートセンターのフリーダイヤルへ携帯電話からかかってくると、長時間の通話となり企業側の通話料負担が大きい為、このようなサービスが導入されるようになってきました。

サポートセンターなどは直接的な売り上げをあげる部署ではない上に人件費などの負担も大きいのが現状です。ナビダイヤルは通話料を削減できるメリットがあります。

実際に0570へ電話すると「ナビダイヤルでお繋ぎします」とアナウンスが流れます。

0120から始まる「フリーダイヤル」は通話料を受信側が負担するサービスですが、その逆で0570は発信側が通話料を負担する仕組みになっています。

例えば携帯電話からかけると、20秒10円の通話料がかかったりします。

アナウンスで「○○秒ごとに○○円かかります」と言われますので、かかる通話料は明確です。

しかし、1分30円ですから通話料としては高い金額です。

NTTのひかり電話などの固定電話からだと3分8円(料金はコールセンターまでの距離や固定電話会社によっても変動します)とかでかけられるので、携帯電話よりは負担が少なくて済みます。

スポンサーリンク

無料通話や定額サービスは適用されない

携帯電話を「カケホーダイ」などのサービスに入っていた場合、ナビダイヤルの料金はどうなるのか?

カケホーダイの料金とは別にナビダイヤルの通話料は請求されることとなります。

どこのキャリにも無料通話や定額サービスがありますが、ナビダイヤルは適用外で実費請求になります。

なので、カケホーダイのサービスに入っているからと思って長時間ナビダイヤルへ電話していると思わぬ請求が来ることになります。

サポートダイヤルや再配達依頼などに使われるが・・・

ナビダイヤルが導入されているところは、サポートセンターや宅配便の再配達依頼の番号などに使われています。

宅配便の再配達などでかけることがありますが、ガイダンスが結構長いのでそれを聞いているだけで通話料がかかってしまいます。

サポートセンターなどでは、質問内容によっては相当な時間を要します。携帯電話からかける時は、ある程度の通話料は覚悟の上電話した方が良いでしょう。

ナビダイヤルの通話料を抑えるには

0570から始まるナビダイヤルへは出来るだけ固定電話からかけるようにした方が良いです。

企業によっては0570のナビダイヤルに併記して通常の番号(市外局番から始まる番号)を載せているところもあります。

携帯電話からかける場合は通常の番号へかけるようにすれば、定額サービスや無料通話分などのサービスの範疇になります。

まとめ

0570からかかってくる電話は市外局番ではなくナビダイヤルの番号で企業からの電話の可能性が高いということです。

携帯電話からナビダイヤルへの発信は料金がかかるので注意が必要です。

心当たりがない番号へは折り返さなくてもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク