桃の缶詰は賞味期限切れでも食べる事が出来るのか?爆発するのはなぜ?

桃の缶詰はおいしいですね!自分は大好きです。食べようと思って取っておいた桃の缶詰の賞味期限が過ぎてしまうことありますよね。いつまで食べる事が出来るのか?また近年報告されている桃の缶詰が爆発するのはどうしてか?調べてみましたのでまとめておきます。

桃の缶詰の賞味期限は?

桃の缶詰の賞味期限はいつまでなのでしょう?賞味期限は一般的には缶詰の底に記載されています。

フルーツの缶詰は製造から2年から3年でされています。メーカーによっても異なる。

賞味期限なので過ぎたところで食べる事は出来ます。

スポンサードリンク

賞味期限が過ぎた桃の缶詰いつまで食べられる?

賞味期限が過ぎたからと言ってすぐに食べられなくなるわけではありません。

缶詰は製造工程で熱処理が行われて滅菌されているので、菌が繁殖することはありません。

なので、衛生的な観点から言えばいつまでも食べる事が出来るのですが、実際はそうもいきません。

缶が錆びたりすれば当然中身に影響します。

ただ、おいしく食べる事が出来るか?に関してはメーカーが設定している賞味期限となります。

メーカーが設定している賞味期限にもある程度余裕を持って設定されているので保管状態が良ければ賞味期限の1.5倍~2倍くらいは味の変化なく食べる事も出来ます。

3年から5年くらいは特に変化なく食べる事が出来る可能性はあるということです。

もちろんその期限を過ぎても食べる事が出来る場合もあるでしょうが、リスクは高くなってきます。

理論的に缶詰は期限を過ぎても食べる事は出来ますが、缶の内側に施されているスズのメッキが腐食して高濃度のスズを摂取すると思わぬ健康被害にあうので注意が必要です。

最近ではスズが一定以上溶出しないように工夫されているようですが、古い缶や海外で製造されている物の場合はこのようなリスクも考える必要があります。

食べるのをやめた方が良い場合とは?

賞味期限が過ぎた桃の缶詰を食べる場合はしっかりと自分で安全か?確かめる必要があります。

賞味期限内であっても本来は確認すべきではあります。

まず缶の周りに穴や錆がないことを確認します。

穴が開いていたり錆が出てきている缶は本来の機能を失っている可能性が高いので中身の桃が変質していたり、腐っている可能性があります。

缶が膨張している場合もやめましょう。膨張しているということは何らかの原因でガスが発生していることが考えられます。

缶が膨張している場合は開缶するのはやめておきましょう。中身が部屋中に飛び散る可能性があります。

どうしても開けてみたいときは、バケツに水を張ってその中で開缶しましょう。

少し食べてみて味に違和感があるときも、食べるのをやめておきましょう。食べ物全般に言えますが期限切れの食べ物を食すときは普段の味と違う場合はやめておきましょう。

保管場所はどこがいい?

缶詰は保存食と言っても万能ではありません。保管場所によっては賞味期限を過ぎる前にダメになってしまうこともあります。

保管場所は温度変化が少なく湿気の少ない場所に保管するようにしましょう。

温度変化は中身の桃の劣化を早めますし缶の周りに湿気がついて錆びの原因となります。

缶詰が爆発する

ツイッター上で保存食として保管していた缶詰が爆発したというのが話題になっています。

なぜ爆発するのか?

缶詰はメッキとしてスズが使用されています。本来スズは空気中や水中では腐食しません。

スズをメッキとして使用した缶は白缶と呼ばれフルーツの缶詰に多用されています。スズはその還元力によって褐変(色の変化)を防ぐことが出来ます。特にビタミンCの分解を防ぐことが出来るからです。

缶の内側に塗装されているスズが溶け出して鉄が露出してしまうとシロップの酸と鉄が反応して水素が発生して破裂します。

最近の缶詰では対策なされているようですが、古い缶詰の場合は破裂する可能性はあるかもしれません。

開缶したフルーツはすぐに容器に移す

スズによる健康被害は長期の保存によって起きるばかりではありません。

開缶後冷蔵庫などにそのまま保存しておくと急激にスズがが溶出することがわかっています。

冷蔵庫に保管する際は容器に移し替えるようにしましょう。

まとめ

桃の缶詰の賞味期限が過ぎた場合は中身が腐るというよりも、缶の内側のメッキに使われているスズが溶け出すリスクが高いです。

状態によって異なりますが、賞味期限を大きく過ぎた場合はスズの影響も頭に入れておいた方が良いでしょう。

また、海外で製造された缶詰に関しては日本と食品衛生法など違うケースもありますので、さらに注意が必要となります。

フルーツの缶詰の賞味期限切れはこのようなリスクを考えると無理して食べるものではないかもしれませんね。

スポンサードリンク