ずぼらでもやらなきゃならない衣替え

衣替えは面倒です。

片付けが好きな人はこのページを見に来ることもないでしょう。

このページにたどり着いたあなたは「ずぼら」ですね!失礼な言い方でごめんなさい。

そもそも、ずぼらな人は衣替えなんかしないんじゃないの? ・・・と思うでしょ!

そうでもないんです。

衣替えをしないと服を置く場所が無いんです。

なので、仕方なく衣替えをするんです。「し・か・た・な・く」です。

衣替えをやるのは仕方ないにしても、最小限の労力と時間で終わらせたいですね!

そんな衣替えの方法を紹介したいと思います。

衣替えは服を減らすチャンス

衣替えは服を処分するタイミングとしては、良いですね。

しかしながら、捨てる物に悩んでしまうと時間がかかります。

「これまだ着るかな?」「痩せたら着れるな」「まだもったいないな」と思ってしまうと時間がどんどんと過ぎてしまいます。

片付けのプロは「3秒ルール」などという技を使うそうです。

「着るもの」「着ないもの」「保留」の3つに分けられるように、3つの箱を用意します。

いる、いらないを3秒以内に判断して、それ以上悩んだものは保留にする。

保留は後でいるものと、いらないものに分ける。

これ、出来そうでしょ?

これも、難しいあなた!

もっと簡単なルールにしましょう。

「3年着なかったら捨てる」、以上。

悩んでしまえば、捨てるのが惜しくなってしまいます。極力悩まないようにルールを決めてしまうのも早く終わらせるコツです。

因みに「痩せたら着よう!」・・・大丈夫です。「捨てたら痩せます」

人生なんてそんなもんです。服を取っている間はきっと痩せないんです。

もし、ダイエットに成功したら自分にご褒美で新しい服を買いましょう。

最低限の3つに分ける

衣替えが上手な人は、洋服を季節ごとに細かく分けていきます。例えば「春」「夏」「秋」「冬」、その他冬物でも「厚手の物」と「薄手の物」と言う具合に細かく分けていきます。

ずぼらな人はそんなのできません! あなたの事ではないです。私の事ですよ!

そこで、「春夏物」、「秋冬物」、「通年着る物」の3つに分けましょう。

これなら、出し入れするのは「春夏」と「秋冬」だけで済みます。

正直これくらいハードルを下げないとやってられません。

色々と忙しいんですよね!ずぼらな人間は!

こうすれば年2回の入れ替えのみです。そう、少ない回数と短い時間がいいんです。

後は、入れ替えるだけです。

スポンサーサイト

入れ替える時の注意事項

衣替えを行う際に最低限注意すべきことを挙げておきます。

まずは、天気ですが晴れた日にやりましょう。

もう一つ言うなら、湿度が低い日に行うことがベターです。

これは、洋服の繊維が湿気を含んでしまうと、カビや臭いの原因となってしまいます。

収納BOXにしまう時は出来るだけ乾燥した日に行う方がいいでしょう。

それと、しまう前には必ず洗濯をします。

衣替えで、これから着る服をクリーニングや洗濯をする人がいますが、逆です。

しまう前に洗濯をして十分に乾かす事が大切です。クリーニングに出したものはビニールを取ってからしまいます。

服の繊維に残った皮脂などは虫食いの原因となるばかりか、臭いが発生してしまう原因となります。

防虫剤は服の上に置くようにします。除湿シートなどは服の下に入れます。

最低限これくらい気を付ければ問題ないでしょう。

まとめ

こだわりのある人の衣替え方法は良く紹介されますが、どうも私にはハードルが高いです。

最近はその方法もエスカレートして来て、「どれだけ時間がかかるの?」なんて思ってしまう事もあります。本になるには、それくらいこだわりが必要なんでしょうね!

苦手な人は、これくらいでいいのでは無いでしょうか?

スポンサーサイト