小麦粉の賞味期限切れはいつまで食べる事が出来るか?見分け方と使い道

小麦粉はいつの間にか賞味期限が切れている代表格ですね。使いかけの小麦粉が出てくることや、使おうと思ったら賞味期限切れになっていることありますよね。

小麦粉の賞味期限切れはいつまで大丈夫か?使ってはいけない状態などを紹介します。

小麦粉の賞味期限はどれくらい?

小麦粉の賞味期限と言っても「強力粉」「薄力粉」「中力粉」といくつか種類があります。

実は小麦粉の賞味期限は種類によっても変わってきます。

「強力粉」の賞味期限は6か月

「薄力粉」「中力粉」の賞味期限は1年となっています。

因みに「強力粉」「薄力粉」「中力粉」それぞれの違いはグルテンが含まれる量に差があります。

グルテンとはたんぱく質の一種ですが、グルテンが多い程粘り気が強くなります。「準強力粉」というのもありますが、グルテンの量が強力粉より少ないものです。

料理の目的などによって使い分けますよね。

例えばケーキ作りなどには薄力粉を使いますし、うどんなどには中力粉、パスタなどに強力粉といったように、粘りが必要なものにはグルテンが多く含まれる小麦粉が使われます。

スポンサードリンク

賞味期限切れの小麦粉はいつまで使える?

賞味期限が過ぎてしまった場合はいつまで使って大丈夫なのか?

小麦粉は保管の仕方によって賞味期限が左右されます。

小麦粉は湿気が苦手です。湿気の多い場所などに保管していた場合は賞味期限内でも食べることが出来ない場合もあります。

見極め方などは後述しますが、適正な保存方法で保管していた場合はどれくらいの期間過ぎても大丈夫なのでしょうか?

未開封で適正な保存の場合は?

賞味期限が半年の強力粉の場合は1~2か月程度は問題なく食べる事が出来るでしょう。

賞味期限が1年ある薄力粉や中力粉の場合は2~3か月くらいは過ぎても問題はないでしょう。

理由は明確で賞味期限を定める際にそれくらいの期間は小麦粉などに変質しないという事が分かっているからです。

賞味期限を定める際は、安全係数を用いて余裕を持って決められます。小麦粉も賞味期限の1.2倍くらいは検査に合格しているはずです。

商品化される際にメーカーが余裕を持って定めたのが賞味期限だからです。

但しそれ以降は風味や味などが落ちていくのは否めません。

メーカーが考える美味しく食べる事の出来る限界値という事だとです。

それ以上に関しては、風味や味など落ちてきて衛生上の問題なども出てきます。

但し適正な保存がされていた場合は1年過ぎても食べる事が出来るケースもあります。あくまで衛生上の問題ですが・・

こんな時は使うのをやめておこう

小麦粉は未開封であれば多少賞味期限が過ぎても問題が無いケースが多いです。

しかし賞味期限内であってもこんな状態のときは食べるのをやめておきましょう。

・色が変色している

・異臭がする

・カビが生えてる

・虫がいる

・粘つきがある

このような状態のときは食べるのを見合わせましょう。

色の変化や臭いなどは見た目で判断できます。粘つきなども触ればわかります。

しかし、カビや虫に関しては見逃してしまう可能性高いので注意が必要です。

特にダニには要注意です。アレルギーなどを引き起こす可能性があるので外袋などが破れてないか十分にチェックしましょう。外袋を食い破って虫が侵入することはよくあります。

賞味期限内であっても保存状態が悪ければこのような状態になることもあるので、食べる際はしっかり確認しましょう。

小麦粉の保管方法は?

小麦粉を保管する際にどのようなことに注意すればいいでしょうか?

小麦粉は直射日光や高温多湿になる場所を避けて保管するように書かれています。

日光は小麦粉を変質させますし、湿気は傷む原因となります。

湿気や虫の侵入を防ぐためには、タッパーの様な容器や瓶などに入れて保管するのがお勧めです。

また、冷蔵庫の中にしまう方がいますが冷えた小麦粉が外気に触れると結露が発生して水分を吸収してしまいます。

それをまた冷蔵庫にしまうと傷む原因となりますので温度が一定な涼しい場所にしまっておくようにしましょう。

開封後はなるべく早く使い切るようにしましょう。

賞味期限切れの小麦粉を利用しよう

小麦粉って意外と使い道があります。

賞味期限が切れたからと言って捨てるのはもったいないです。

当サイトでもいくつか紹介していますので良かったら参考にしてみてください。

まとめ

小麦粉の賞味期限は強力粉で半年、薄力粉や中力粉は1年となっています。

賞味期限切れの小麦粉は1~2か月程度あれば問題ないと考えられます。

それ以上の賞味期限切れを使う際は十分に確認してから使うようにしましょう。

食べる以外にも賞味期限切れの小麦粉には使い道があるので、無理に食べる必要はないでしょう。

スポンサードリンク