真夏の現場で注意すべきこと

真夏の現場は大変です。

暑さにやられて熱中症で病院送りにされる人が後を絶ちません。

警備員は熱中症リスクが高い

警備員は炎天下の中、交通誘導などをしている人が多くなります。運よく日陰に当たることもありますが、ほとんどが真夏の日差しの下、屋外で仕事をすることとなります。熱中症のリスクの高い職業の一つです。

また、警備員ならではなのが制服です。これは公安委員会に届け出ているので、暑いからと言って脱ぐわけにもいかず、見た目に影響を及ぼすものを身に着けることも出来ません。なので冷却グッズも使えるものが限られます。

気を付けなくてはならない場所は?

工事現場では、地面に鉄板が敷かれている場合が多く、その鉄板の上で仕事をしなくてはならない事もあります。アスファルトや鉄板などは炎天下の下ではかなり高温となり、反射熱もあります。鉄板の上で仕事をしている作業員や警備員は熱中症になることが多く、普段より気を付けなくてはいけません。

屋内であっても風通しの悪い現場で、高温多湿となる場所では熱中症に気を付けないといけません。

夜に具合が悪くなる人も多い

適正な対策を行わず、昼間を乗り切ったとしても、家に帰ってから具合が悪くなる人も多いので気を付けましょう。

後になって頭痛や吐き気などの症状を訴える人は、仕事中より多いかもしれません。

夜勤でも危ない熱中症

夜勤であっても、熱中症になる人はいます。

湿度の高い日は、汗が蒸発せずに熱がこもり熱中症になってしまう事があります。昼間に比べて気温が下がり、気を抜いて水分補給などを怠ると危険です。

スポンサーリンク

熱中症対策は?

警備員や現場作業員が行っている熱中症対策は?

水分補給

当たり前の事ですが、水分補給です。しかしながら新人警備員などは正しい水分補給の仕方を知らずに、熱中症になってしまうケースも多く在ります。

気を付けなくてはならないのが、ミネラルウォーターやお茶だけで水分補給を済ましている場合です。

汗を大量にかいてしまうと、水分と一緒にミネラル分も排出されます。そこに、水分だけを補給すると血液濃度が薄まってしまいますので、身体はさらに水分を排出して血液濃度を一定に調整しようとします。その結果、水分補給が出来ずに熱中症となってしまいます。

水分補給は、スポーツドリンクなどミネラル分も一緒に摂取できるものがオススメです。

ミネラルウォーターなどで水分を補給する場合は「塩飴」や「梅干し」なども一緒に取ると良いでしょう。

休憩中にやるべきこと

ヘルメットや安全靴を着用している為に、作業中には頭や足などに熱がこもってしまいがちになります。経験者は分かると思いますが、ヘルメットや安全靴はかなり高温になります。

休憩時には日陰に入りヘルメットを外し頭を冷やしましょう。安全靴も脱いで足からも熱を逃がすようにします。

休憩時にしっかりクールダウンすることが、熱中症対策となります。

水分補給は、休憩時に限らずまめに摂取することが大切です。

まとめ

警備員や作業員にかかわらず、真夏に屋外で作業を行う際には、しっかりと熱中症対策を行うようにしましょう。

熱中症で命を落とす人もいます。周りの人の体調も良く見てあげて、決して無理をさせないようにすることも大切です。

スポンサーリンク