警備員の仕事って女性でも出来る?良い事や大変な事は何?

圧倒的に男性の多い業界ですが、近年は女性警備員も増えています。女性警備員の良い事や苦労する事を紹介したいと思います。

施設警備や受付などの業務に需要が高い

警備員の仕事は多岐にわたりますが、その中でも女性が活躍しやすい現場と言う意味で施設警備の仕事があります。

施設警備はショッピングセンターや大きなビルの出入り口などにいる守衛業務や巡回業務などがあります。

特にクライアントからの要望で多いのが受付業務に女性警備員が欲しいという要望です。

やはり、ビルの入り口などの受付業務は女性の柔らかい対応が良いとするクライアントも多いです。

その他ショッピングセンターの巡回なども女性が好まれる場合があります。

昼間の巡回業務などの場合は、女性用トイレなどの男性が入れないような場所の巡回もある為、女性警備員の要望は多い場所です。

夜勤に関していえばお客さんもいなくなるので男性警備員でも構いませんが日中の警備はどうしても女性が必要とされます。

スポンサードリンク

建築現場で働く女性警備員も

ビルなどの建築現場にも最近は女性警備員が活躍しています。建築現場などでは男性比率が圧倒的に多いのですが、大手ゼネコンなどでは女性の働く場所としてアピールのためにも女性警備員の強い要望があることがあります。

日勤は当然の事ですが、夜勤であっても2人以上の女性警備員を配置してほしいというところもありました。1人で夜間の立哨は危険が伴うとのクライアントの配慮で2人の配置を要望してくれる企業が実際にありました。

この様に建築現場でも女性が働き易い現場も増えているようです。

その他にも道路工事の現場や駅のホームの対応など女性警備員の要望は高まっていると言えるでしょう。

女性警備員が好まれる理由は?

女性警備員の良いところは何といっても、客対応の柔らかさでしょう。

工事現場はどうしてもクレームをもらいがちです。通行止めをしていると、男性の対応だといきなり怒鳴り込んでくる人も結構います。その点いきなり女性相手に怒鳴り込んでくる人は少なくなります。

この様な理由で女性を要望されることもありました。

それ以外にも女性の方が真面目だからと現場監督に言われたこともあります。そこは正直なところ大差はないと思うのですが、男性隊員の中にはサボり方がひどくて目に余ることもあったのでしょう。

経験上、女性の方が真面目な方は確かに多かったように思います。

女性警備員が大変な事とは?

警備員の場合は力仕事と言うのは殆どないので、女性でも体力的に務まる仕事です。

しかし、道路工事の現場などはトイレに困ることがあります。

大きな道路工事現場であれば、トイレカーと言って軽トラックの荷台にトイレを積んだ車を一緒に持ってくることはありますが、小さな道路工事現場ではそういったものの準備が無い場合もあります。

男性とトイレが一緒と言う点で、トイレカーで用を足すのに抵抗がある方には向きません。

近くにコンビニなどがあればいいのですが、都合よく近くにコンビニがある現場ばかりではありません。そのような場合はトイレを探すのに苦労したりします。

ただ、無理してその様な現場に行かなくても、女性の場合は求められる事が多いので他の現場に行けばいいんですけど。

日勤に関しては日焼けが大変です。

工事現場では長袖の着用が義務付けられてる現場が多いですが、顔などはどうしても炎天下の下で日焼けしてしまいがちです。

日焼け止めをしっかり塗って対処している女性警備員は多くいました。

まとめ

女性が警備員をすることは増えています。女性の感性がクライアントから受けることが多く、ニーズも高くなっているようです。

施設警備などは特に女性でも働き易い職場が多いと思います。

夜勤をするには少し不利な状況もあるかもしれません。

私の知っている女性は昼間は普通の会社で働き夜は警備員をやるというパワフルな方もいました。

「寝る時間ないのにすごいなーっ」と思ってました。でも、本人は休憩時間多いから寝れるので大丈夫と平気な顔していたのが印象に残ってます。女性ってすごいな。

スポンサードリンク