真冬の夜間警備は寒さとの戦い

真冬に工事現場に立っている警備員さんはどのような防寒対策をしているのか?

寒い中長い時間、屋外にいるようなシーンではとっても役に立ちそうだ。

初詣や初売り、初日の出など屋外にいる機会が意外とあるものです。

そこで、警備員さんに教えてもらった防寒対策をご紹介!

「なるほど!」と思う対策のオンパレード

決められた制服

警備員は公安委員会に届け出ている制服があり、好き勝手に防寒対策を出来るわけではない。

少なくとも外見は届け出た格好をしなくてはならないので、防寒対策も内側で行わなくてはならないのだ。

ちなみに会社から支給される、一見暖かそうなコート類は経費削減で安物になり全然暖かくないらしい(笑)

防寒対策の代名詞ヒートテックは?

警備員という職業はその場から自由に動ける仕事ではないので、ヒートテックのようなものは寒さ対策にならないそうだ。

ヒートテックは動いてこそ威力を発揮するもので、その場から動けない警備員にとっては十分な防寒対策とならない。

3つの首を守る

警備員の防寒対策の基本は、首、手首、足首3つの首だそうだ。

冷たい空気の入り口となるのは、首元、袖口、ズボンの裾などからだ。

まずこの3か所の防寒対策をしっかりと行う。

首の防寒対策

ネックウォーマー 

機能性からもネックウォーマーは首が全部隠れる程度の物を選びます。

口元まで隠せるような長さが理想。

マフラーは工事現場などでは不適切。

私はこれを使ってました。

定番なんですが、文句なくあったかい。

(アディダス)adidas Basicネックウォーマー BBW33 AE2909 ブラック/クリアオニキス OSFX

足首の防寒対策

足元から冷気が上がってこないようにズボン下は足首に密着するものを選ぶ。

長めのソックスで重ねるように履く。

手首の防寒対策

長袖インナーシャツは手首まで届く長いものを着用する。手袋も手首が隠れるようなタイプが良い。

風を通すな

風は体温を奪っていく。

いくら着込んでいても、風対策をしっかり行わないと体は冷え切ってしまいます。

重ね着はこうしろ 上着編

肌着は裏起毛の物を着る。

裏起毛でなくても出来るだけ空気をため込めるようなフカフカしたものが良い。

体温で温められた空気をため込めるように、裏起毛や、ウール素材の物を選ぶ。

警備員の場合その上にワイシャツを着る。

ワイシャツの上に風を通さないビニール素材の薄手の物を着る。

その上に薄手のセーターなどを着て、最後に会社支給の安物防寒着を着る。

ワイシャツの上に薄手のダウンジャケットを着て、防寒着を着ることもある。

重ね履きはこうしろ 下半身編

下半身は防寒の要。

長時間、寒風さらされていると足元が冷えてくる。

ズボン下にはやはり裏起毛やウールの肌着が良い。

その上には、風を通さない薄手のスポーツウェアを履く

最後に制服ズボンとなる。

上下ともに風を通さない素材の服を着る事が絶対だ。

これがあるのと、ないのでは大違いである。

手袋、靴下編

靴下は厚手の物を重ね履きする。

手袋は登山用かライダー用の手袋が薄くても暖かくて良い。

スポンサーサイト

使い捨てカイロはこう使え

使い捨てカイロも結構役に立つ。

貼り付けられるタイプの使い捨てカイロは、薄手の風を通さない服の下に貼り付ける。

アウターに近いところに貼っても暖かくならないので、インナー近くに貼ることがポイントです。

インナー近くに貼る場合は低温やけどには注意してください。

また、靴の中に小さなカイロを入れるのもお勧めだ。

その際は足の裏側でなく、甲側の指先近くに重ね履き靴下の間に挟み込むようにする。

足の指先は時間とともに結構冷えてきます。

カイロを入れておくと、かなり違います。

まとめ

実際にこのように着込んでみるとかなり暖かく外にいられます。

ヒートテックも裏起毛の物が販売されているし、そのほかのメーカーからも機能性インナーが発売されているのでちぇっくしてみては?

外で長時間並ぶような機会には試してみてはいかがでしょう。

スポンサーサイト