フレッツ光全戸加入プランが熱い

最近、すごい勢いで増えているインターネット無料マンション。

その中でも、フレッツ光全戸加入プランの導入物件はかなりお得な物件が多い。

その理由は、NTTの光ファイバーフレッツ光が無料で使えるからです。

自分でインターネット契約を行えば、フレッツ光のマンションタイプの料金は4千円前後を負担しなくてはなりません。それがタダとなれば大きいですね!

従来のインターネット無料マンションと言えば、1本の光ファイバーをみんなで使う「シェアードタイプ」が主流でした。

その為、夜になると速度が遅くなりまったく使えず、せっかくインターネット無料物件と思って入居したのに、自分でお金を出してNTTと光ファイバーの契約を行うなんてことも・・・

フレッツ光全戸加入プランは各部屋に光ファイバーが引き込んであるため、快適にインターネットを楽しむことが出来ます。

しかし、全戸加入プラン導入物件の中にも完全無料となる物件とそうでない物件が存在しています。

さらに、速度やプロバイダなども物件によって違いがあります。

賃貸物件を選ぶ前に管理会社などに確認しておきたい事を書いておきます。

全戸加入プランは無料とは限らない

全戸加入プラン導入物件はNTTの光ファイバーが全室に引き込まれています。

その為、光ファイバー回線利用料はタダになっていることが売りになっているのですが、物件によっては「インターネット使用料」として別途徴収されるケースもあるようです。

また、管理費に上乗せしている賃貸物件もあるので、周辺相場より管理費が高い賃貸物件は注意が必要です。

そもそも家賃を低く見せるために管理費を高く設定している物件は、悪意が感じられますのでご注意ください。

家賃が下落傾向にある中、入居者へのサービスとして導入している物件が多いので、無料で提供されているケースが圧倒的に多いようです。

速度のプランは2種類ある

全戸加入プランは2種類の速度が提供されています。

200Mのハイスピードタイプと1Gのギガマンションスマートタイプの2種類です。

1Gのサービスを利用したい場合は物件にどちらの速度が提供されているのか?入居前に管理会社に確認してみましょう。

200MのハイスピードタイプであってもNTTに自分で追加料金500円を払えば速度を1Gにすることが可能です。

この時、プロバイダ料も追加になるケースもありますのでご注意ください。

スポンサーサイト

初期費用はかかるの?

入居時に無料で入れる物件と2800円の初期費用を必要とする物件があります。

NTTと物件オーナーとの間でどのような契約になっているかによって変わります。

プロバイダはどこ?

プロバイダ料金も無料で提供されている物件もありますが、プロバイダは自分で契約する必要がある物件もあります。

無料で提供されている物件は「ワクワク」「ぷらら」「ASAHIネット」になりますが、正直聞いたことのないプロバイダもあるようです。

無料で使えるのなら無名のプロバイダでも良いかもしれませんが、リスクだけはしっかり認識しておきましょう。

インターネットの速度低下の原因はプロバイダがボトルネックとなるケースもあります。

せっかくの光ファイバーがプロバイダによって速度が出ないなんてことも考えておきましょう。

自分で契約する賃貸物件はフレッツ光で使えるプロバイダであればほぼ使えます。当たり前ですがプロバイダ料金は自己負担です。

まとめ

全戸加入プランの賃貸物件を選ぶ際の注意点

・完全無料か?

・初期費用はかかるのか?

・提供されている速度は?

・プロバイダ契約はどうなっているか?

以上の点を事前に管理会社などに確認してから選ぶといいでしょう。

スポンサーサイト