インド料理店とネパール料理店の違いとは?ダルバートやモモって何?

最近では、都心部でなくても当たり前のように見かけるようになった、インド料理店やネパール料理店の看板。どちらも、現地の日本在住者が経営していて、従来から日本にあるタイプのカレー屋とはまた違った、本場のカレーを味わえるような感覚を与えてくれます。

ところで、インド料理とネパール料理ってどこが違うのでしょう? 今回は、この両者の違いについて紹介します。

日本におけるインド料理とネパール料理に違いは殆どない

インド料理店とネパール料理店。筆者はいずれの方も時折食べに行きますが、一体どこが違うのでしょう?ともにカレーがメインで、ナンとライスを選べ、特段味が違うようにも思えません。

実は、結論をいうと、日本においてはインド料理とネパール料理の違いは殆どないのです。

スポンサードリンク

現地のインド料理とネパール料理には違いがある

ただ、それでは面白くも何ともありません。どこかには違いがあるはずです。そこで調べてみました。多少ではありましたが、現地でのインド料理とネパール料理には違いがありました。

ネパール料理はインド料理よりも味が多彩

両者の違いを説明するには、ネパール料理に焦点を当てた方が説明しやすいので、その観点で進めていきます。

ネパール料理でまず押さえておきたいのが、「ダルバート」という概念です。

ダルバートとはダル(豆スープ)+バート(ごはん)の合成語で定食のこと

このダルバートという言葉。和食でいえば一汁一菜に相当するイメージでしょうか。ネパール人にとってのみそ汁的な料理であるダル(豆スープ)とバート(ごはん)、これにプラスして、ダルカリ(日本でいうおかず)とアツァール(漬物)の4点をセットにした食事のことを指します。日本でいうところの、定食と置き換えても良いかもしれません。

ネパールの場合、主食はあくまでも米なのです。

ただ、ネパール料理でも、インド料理と同じく、スパイス(カレー風味)は使っています。しかし、ネパール料理の場合、インド料理に比べて味付けはマイルドです。カレーで比較しても、インド料理よりも使用するスパイスの種類と油の量は少ないのです。

ネパール料理は近隣国の要素も取り入れた構成になっている

もう1つ、ネパール料理とインド料理の大きな違いがあります。それは、ネパールの場合、インドだけではなく、近隣国である中国やチベット自治区などの食文化の影響も受けているようです。

例えば、ネパール料理の代表的な1つに、モモ(ネパール風蒸し餃子)やトゥクパ(ネパール風のうどん)が挙げられます。ちなみに、モモは、中華料理の餃子の皮に比べれば薄く、肉には水牛の肉を使い、パクチーを絡めたソースで食べるます。

モモは中華料理、トゥクパはチベット料理の影響を受けているとされており、近隣国の料理をアレンジして食文化に採り入れていると言えるでしょう。そういった意味では、日本の中華料理店に近いのかもしれませんね。

日本の料理店はネパール人が経営していることが多い

では、なんで日本では、ネパール料理店とインド料理店の内容に差がないのでしょう。割と答えは単純で、日本に来て店を開いている方に、ネパール人の方が多いことが挙げられます。もちろん、インド人やパキスタン人の方もいますけど。

ですので、よく看板をみると、「インド・ネパール料理」とうたっているお店も割とありますよね。まさに、看板に偽りなしといったところです。

日本のインド料理店にネパール人オーナーが多いのは宗教が関係?

ではなぜ、日本のインド料理店(正しくはインド・ネパール料理店ですが)は、ネパール人オーナーが多いのでしょう。

真相究明はこれから、というのが結論なのですが、筆者なりに推察すると、次の要因が大きいのではないかと思います。

ネパールは日本と同じ仏教国

ご存じのようにインドはヒンドゥー教の国ですが、ネパールは違います。日本と同じ仏教国なのです。海外移住をするにあたって、宗教の違いは大きな障害になり得るでしょう。経典で禁止されている食材が存在しますし、生活ルールが大きく変わってしまいます。

宗教が同じならそれはありませんので、日本での生活という点で、インド人よりもネパール人の方が、馴染みが良いのでしょう。

多様性を受け入れアレンジするネパール料理の食文化

筆者は、どちらかというとこちらの方が大きい気がします。先述のように、ネパール料理は、他国の料理を柔軟にアレンジする(受け入れる)文化や、海外の料理としてはマイルドな味つけとなっている点が、日本の食文化によく馴染むのでしょう。

日本のインド料理店やネパール料理店では当たり前になっているナンも、実はインドの一部でしか食べられていない品で、本来は米食のネパール料理にはありえないと言っても過言ではない物なのですが、日本人の嗜好に合わせて展開をしているわけです。もちろん、商売的な観点も当然あると思いますが。

いくら先行優位で始めたとしても、それが相手に受け入れられなければ廃退してしまいます。残っている、ということは、少なくともある程度は受け入れられているわけですから、そういった食文化的な背景がマッチしたのではないかな、と思うわけです。

まとめ

1.日本国内での、インド料理店とネパール料理店には大きな違いはない。

2.ただし、現地のインド料理とネパール料理にはやや違いがある。インド料理に比べ、ネパール料理はスパイスや油が少なくさっぱりした味わいとなっている。また、ネパール料理は、中華料理やチベット料理の影響もうけている。

3.日本のインド料理店は、ネパール人経営者の店も多い。そのことが、日本におけるインド料理とネパール料理の類似性の一因と思われる。

4.ネパールは日本と同じ仏教国であり、インド人に比べて生活しやすいのではないかと思われる。また、他国の料理をアレンジできる柔軟性がネパール料理にはあるので、比較的マイルドな味わいが好まれる日本において、店を開きやすい(続けやすい)要因にもなっているのではないかと推察される。

スポンサードリンク