引っ越しの梱包準備

引っ越しをする為に荷物をまとめなければいけません。

しかし、何から手を付けたらいいのやら・・・

引っ越し屋さんに頼めば梱包用の段ボールや緩衝材を用意してくれるケースがほとんどです。

有料のケースもありますが、ほとんどが無料で提供してもらえます。

自分で引っ越しをする際には、梱包材を用意しなくてはなりません。

購入するか、スーパーなどを回って段ボールを調達しましょう。

段ボールを組み立てる

段ボールを組み立てる際に注意したいのは、底の部分はガムテープを十字に貼ることです。

縦だけでは底が抜けてしまうので、横にもしっかりとガムテープを貼るようにします。

どれを詰めればいいの?考え方編

実際に段ボールに物を詰めていくとして、何をどのように詰めていけば良いのか?途方に暮れてしまう事も・・・

そこで、段ボールに詰めていく上での考え方ですが、段ボールに入るものは段ボールに入れる。

これが、基本です。

段ボールより大きなものは、梱包する必要がありません。

引っ越し屋さんに頼めばこのように言われます。

段ボールの蓋が閉まらないようなものは、無理やり段ボールにしまう必要がありません。

それと、段ボールに詰める際に大切な考え方ですが、重いものは小さな箱へ、軽いものは大きな箱へが基本です。

大きな箱に重いものを詰めてしまうと、持ち運びが困難になったり、段ボールの底が抜けてしまう事もありますので、重くなり過ぎないように気を付けて梱包します。

段ボールへ詰める際には重いものは下の方へ、軽いものは上に詰めるようにします。

詰めた段ボール内に隙間が出来ないように、空いたスペースに新聞紙を丸めて詰めるなど、緩衝材を詰めて中の物が動かないようにして蓋を閉じるようにしましょう。

使わないものから順番に

引っ越し前日に一気に詰め込むのは大変です。

直ぐに使わないようなものは、梱包をしていきましょう。例えば衣替えでしまってある洋服や本などは早めに詰めてしまいます。

詰めたものを箱に記載

引っ越し屋さんから提供される段ボールには中身が記載できるように印刷された物があります。

自分で調達した段ボールに梱包する際は、中に入れたものや引っ越し先の段ボールの行き先を記入するようにしておきます。

例えば、キッチン道具であれば、キッチンへと箱の側面2面に記載しておきます。

梱包が進んでいくと段ボールは積みあがっていきますので必ず側面の2面に記載するようにします。

スポンサーサイト

段ボールへ詰めていく

実際に詰めていくもの別に注意する点を紹介していきます。

本や雑誌類

本や雑誌類は紐で結んで出してしまいがちですが、サイズがバラバラになりトラックへの積み込みがしにくいばかりか、荷崩れの原因となるので段ボールにしっかりと梱包します。

また重量が重くなりがちなので、詰め過ぎないように注意します。

段ボールの中で本が動かないように、緩衝材で埋めることも忘れずに!

食器・ビン類

割れ物は新聞紙などで、一枚一枚しっかりと包んでから段ボールにしまいます。

その際、お皿は必ず立てて段ボール内に梱包するようにします。

運送中にお皿同士がぶつかって破損しないように、隙間を埋めることも大切です。

引っ越し屋さんによっては食器類を梱包するBOXを提供してくれることもあります。

コップ類も新聞紙などに包んで、口を下にして段ボールに詰め込みます。

横にして入れると、上からの重みで破損することがあるので気を付けましょう。

箱の外には必ず割れ物注意と記載します。

洋服

大き目の段ボールに詰めていきます。

引っ越し屋さんが提供してくれるものには、衣装ケース内の物をハンガーごと掛けるものもあるので、確認してみるといいでしょう。

PCや周辺機器

PCなどは輸送中にデータが破損するケースがありますので、必ずバックアップを取っておきましょう。

精密機器類はしっかりと緩衝材で梱包するようにします。

まとめ

自分で引っ越しをしたことと、業者に頼んだこと両方あるのですが、結果業者に頼んだ方が安く上がった経験があります。

友達を集めて、レンタカー借りて引っ越しをしましたが、時間はかかるしみんなに差し入れや食事を用意して結構お金もかかってしまいました。

プロに任せた方が手際もいいし楽ですね!