お正月初詣に行きたいけど、あいさつ回りなど忙しくてなかなか行けないって人も多いです。

そもそもいつまでに初詣は済ませればいいのか?そんな悩みを解決します。

初詣とは?

初詣とは年明け初めての神社やお寺へ参拝することをいいます。

昔は「年籠り」と言われ、大みそかの夜の「除夜詣」と元日の朝の「元日詣」に分かれていました。

その「元日詣」が現代の初詣の元となっています。

神社やお寺を参拝して今年一年が平穏無事に過ごせるようにお祈りします。

その他、新しく破魔弓やお守りや熊手などを受けたり、昨年に受けた破魔弓やお守りや熊手を納めて焼いていただいたりします。

いつまでが初詣の期間なの?

初詣は正月期間に行く事が多いようですが、正月期間の定義も地域差があるようです。

一般的には、「正月三が日」「松の内」「小正月」「二十日正月」までと言われています。

「正月三が日」

1月1日~1月3日までを指します。

「松の内」

1月7日までを主に指しますが、これは関東圏での話となってきます。

松の内の意味は正月期間を指し「門松」「正月飾り」を外す時期とされています。

江戸時代に徳川幕府から7日までを「大正月」定め「松の内」は7日までとしましたが、関東以外の地域には広まらなかったようです。

「小正月」

1月15日を指します。関西圏ではこの15日までを「松の内」と定め「門松」や「正月飾り」もこの日にしまうことが多いようです。

「二十日正月」

1月20日を指します。年神様(正月にやってくる幸福や豊作の神様)が帰る日とされ、正月行事の最後の日とされています。

スポンサーリンク

初詣の期間は地域差がある

このように地域によって考え方や風習の違いがあり、いつまでに「初詣をしなくてはいけない」ということも無いようです。

目安としては1月20日位までに初詣を済ませれば、問題ないと考えてよいでしょう。

実際に神社やお寺への参拝客もこれくらいの時期までは多いようです。

まとめ

初詣は年明けに初めて神社、お寺に参拝することなので期間を厳格に定めている訳でありません。

あくまで目安として言うのなら1月20日位ということです。

また、地域によっては「3社参り」と言って3つの神社にお参りする地域もあります。

その地域の風習がそれぞれあることも、知っておいた方がいいですね!

どの神社やお寺も正月三が日は大変混雑します。

あまり無理をせず、安全に初詣に行かれることを願っています。

スポンサーリンク