フライパン裏の焦げはオキシクリーンIH対応には重曹+クエン酸

料理するときの必需品といってもいいほどどんな家庭にもあるフライパンですが、フライパンの裏の焦げ、そのうち掃除しようとほっといたら、いつのまにか真っ黒に。そんなことよくありますよね。このまま捨てて新しいものを買おうかななんて思う人も少なくないと思います。しかし、実は簡単に焦げを落とす方法があります。 

そこで今回はフライパンの裏の焦げを簡単に落とすために、汚れの原因などを調べて対策などを勉強していきます。 

フライパンの汚れの原因 

料理して使い終わったフライパンの裏側は、スポンジでサッと洗って終わりにしいていることは多くありませんか?フライパンの裏や外側の汚れは、直接食材に触れるわけではないので、どうしても内側と比べると汚れにたいしてほっときがちです。そのため裏の汚れは時間があるときに洗おうと先延ばしになってしまいます。すると汚れはどんどん蓄積されてしまい頑固になってしまいます。こうなってしまうと、簡単にスポンジでこするだけでは落とせなくなってしまいます。また、汚れによる劣化や、コンロや収納場所に汚れが移ってしまうこともあります。なので、見過ごしてしまいがちな裏側の汚れはしっかり落とす必要があります。 

調理中に跳ねた油やお皿に盛りつけるときの汁が原因 

フライパンは炒め物をするときに使うため、調理中に油が裏側や外側に飛び散ってついてしまうことがあります。また、お皿に盛りつけるときにフライパンのふちに汁が垂れたりすることも多いです。しかし、調理中に油が飛び散ったときにそのつどフライパンの裏側や外側についた汚れを拭き取るなんてやらないと思います。裏側や外側についた油汚れは、調理中そのまま火にかけられることで焦げていきます。これが焦げつきの代表的な原因です。また、使った後の汚れ落としが不十分で、次に火にかけたときに焦げを引き起こす場合もあります。 

裏側や外側についた水滴やガス台の汚れが原因 

鉄製のフライパンは洗い終わったら、サビ防止のために火にかけて乾かします。しかし、水滴がついたまま火にかけると、水道水に含まれているミネラルなどがつくことがあります。これが焦げてフライパンが焦げてしまう可能性があります。 

また、ガス台の五徳に溜まったススや灰がフライパンの裏に移って、それが焦げの原因になる場合もあります。そのため洗った後は火にかける前に、フライパンの裏や外側についた水滴をよく拭き取る・五徳のお手入れをこまめにしておくなどに気を付けておくと、焦げつきを抑えることができます。 

スポンサードリンク

オキシクリーン(酸素系漂白剤)で焦げを落とす 

フライパンの裏や外側の頑固な焦げや、真っ黒に焦がしてしまったものはオキシクリーンを使って落とします。酸素系漂白剤は熱すると汚れを強力に分解する力を持つ酸素の泡が出るのが特徴で、焦げた油汚れを分解するうえ、焦げに泡が入り込んで浮かしてくれます。 

用意する物 オキシクリーン スポンジ  大きめの鍋

落とし方

大きめの鍋に水を張る
 フライパンの焦げが浸かるくらい。
オキシクリーンを溶かす
 オキシクリーンを適量入れて、よくかき混ぜる。
10分煮る
 そのまま火にかけて、沸騰したら弱火にして10分煮る。
冷ましてからこすり洗いをする
 触れるくらいまで冷やしたら1回すすいで、スポンジでこすり洗いして落とす。

基本的なやり方は、煮てからこすり洗いするだけです。酸素系漂白剤はかなり強力な力を持っています。他も掃除にも使えるので用意しておくと便利です。

重曹で焦げを落とす

フライパンの焦げを落とすには、重曹を使うやり方もあります。重曹は口に入れても安全な素材なので、調理器具の掃除にも大変便利です。重曹は、アルカリ性の性質を持つ自然由来の掃除アイテムで、酸性の性質を持つ焦げを中和して落ちやすくしてくれます。

用意する物 重曹 スポンジ 大きめの鍋

落とし方

大きめの鍋に水を張る
 フライパンの焦げが浸かるくらい。
重曹を溶かす
 鍋に張った水に重曹を適量入れて溶かす。
火にかけて10分程煮る
 重曹水を沸騰させて、10分経ったら火を止めて、重曹と泡で焦げがゆるんでくるのを待つ。
十分に冷ましてからスポンジでこする
 重曹水が冷めたら焦げをスポンジでこすり落とします金属製のタワシは傷つける可能性があるので使わないように。

この焦げの落とし方は、ほとんどの素材に使えますが、アルミ製のものだけ使えません。重曹がアルミの成分と反応して黒ずんでしまうことがあるので、注意が必要です。

クレンザーで焦げを落とす

次は、クレンザーを使う方法です。クレンザーとは研磨剤が入った洗剤のことで、焦げの他にも水垢やサビなどの頑固な汚れを落としてくれる便利な掃除グッズです。

用意する物 クリームクレンザー 布 歯ブラシ ラップ

落とし方

布にクレンザーをつける
 布にクレンザーを直接つける。雑巾ではなく、布の方が焦げに密着して落としやすい。
焦げをこする
 布をこすりつけて焦げを落としていく。溝など細かい凸凹は歯ブラシでこすると効果的。
水で流す
 クレンザーが残らないように、キレイに洗い流して完了。

かなり頑固な汚れの場合は、スポンジも使ってこすり落としてください。ただし、力を入れすぎると傷つく可能性があるので、力加減には注意が必要です。

IHフライパンの焦げの落とし方

IHフライパンの焦げを固い材質もので力任せにこすってしまうと、表面に傷をつけてしまいます。軽くこするだけで簡単に汚れを落とす方法をご紹介します。

用意する物 重曹適量 クエン酸 水100㎖ スプレーボトル タオル スポンジ

落とし方

1焦げついた部分に重曹をかける
 焦げに直接重曹を適量かけます。
2クエン酸水を用意する
 スプレーボトルに水とクエン酸を入れてよくかき混ぜる。
3クエン酸をかける
 重曹の上からクエン酸水をスプレーする。
43~4時間放置する
 スプレーした場所をラップで覆い、3~4時間放置します。
5スポンジでこする
 放置したらラップを外し、スポンジでこすります。
6よく乾燥させる
 タオルなどで水気を拭き取り、よく乾燥したら完了

アルカリ性の重曹に酸性のクエン酸を加えると発泡して、より掃除がしやすくなります。少し時間はかかりますが手間はかからないので、焦げが気になったらこまめに掃除しましょう。

まとめ

フライパンの焦げを簡単に落とす方法を紹介しましたが、1番大切なのは焦げをつけないことです。

油や汁が垂れたらすぐに拭き取る・使ったら外側もしっかり洗う・濡れたまま火にかけないなどに気をつけてフライパンをキレイに保てれば焦げついたフライパンに悩まされることもなくなります。

スポンサードリンク