ドコモのSIM(UIM)カードを再発行したい!種類は?SIMのみの交換も可?

通信キャリア最大手であるNTTドコモ。ドコモのスマートフォンを利用している方が、内蔵のSIMカードを無くしたり、壊れたりした場合、どのように再発行をすれば良いのでしょう?

ドコモのSIMカードはUIMカードという名称で主に3種類

あなたがドコモのウェブサイトにアクセスしても、SIMカードというワードはなかなかヒットしないと思います。それもその筈で、auと同じく、ドコモもまた、SIMカードが公式の名称ではありません。

UIMカードには拡張機能もある

ドコモの場合は、UIMカードという名称になります。厳密に言うと、SIMカードが本来持っている機能(契約内容や電話番号などのインプット)にプラスして拡張機能を持っているため別物なのですが、=SIMカードという捉え方で問題ありません。

UIMカードは3種類

ドコモのSIMカードであるUIMカードには、3種類のものがあります。FOMAカードという名でも知られていたノーマルタイプのUIMカード、ドコモminiUIMカード、ドコモnanoUIMカードの3種類です。最新タイプはnanoUIMで、いまはこのタイプが主流となっています(※)。

※厳密に言うと、ドコモeSIMカードという次世代タイプのものもあるのですが、機種がごく一部に限られるため、ここでは割愛します。

ドコモnanoUIMカードは、12.3mm×8.8mmという極小サイズです。そのため、抜き差しの際に紛失してしまうケースもあるようです。

スポンサードリンク

ドコモのSIM(UIM)カードの再発行はドコモショップで!手数料は2,000円

nanoUIMカードのように小さなものだと、ちょっとした不注意で無くしてしまうことも容易に想像がつきます。もし、UIMカード(SIMカード)を紛失してしまった場合、または故障して動かなくなってしまった場合、どのように対処すれば良いのでしょう?

ドコモの場合、SIMカードの「再発行」となると、できる手段はドコモショップ来店のみとなります(後述しますが、SIMカードの交換に伴う購入の場合は、オンラインでの入手も可能です)。

従って、SIMカードを再発行する場合には、ドコモショップに行きましょう。

SIMカード(UIMカード)の再発行手数料は税抜2,000円

SIMカードを再発行する場合、ご自身(契約者)を確認する書類が必要になりますので、忘れないようにしましょう。店頭ですから、即日発行となります。

本人確認書類は、運転免許証マイナンバーカードのことを指します。これらがない場合は、健康保険証+補助書類などでの代用も可能です。詳細はドコモのこちらのページをご覧ください。

ドコモのSIMカードの再発行手数料は、税抜で2,000円になります。翌月の通信料金に合算されて請求されます。

auの場合は、オンラインでの手続きの場合など、ポイント(Pontaポイント)を充当することができますが、ドコモの場合はできないようです。ただ、ドコモのポイントサービスであるdポイントは、通話料金に充当することができますので、間接的に充当することは可能です。

dポイントの活用方法については、こちらをご覧ください。

SIMカード(UIMカード)の自然故障や経年劣化なら再発行の手数料は無料

ただし、再発行の手数料がかからない場合もあります。それは、SIMカードの故障の原因が、経年劣化・自然故障にあたるような不具合による場合です。

さらに、SIMカードの登録情報が移行可能な状態であれば、登録されたコンテンツを引き続き利用することができます。

ネットでドコモのSIMカードのみ購入も可能!入れ替えや交換は自分で?

正しくは再発行に該当しないのですが、類似のケースとして紹介します。ドコモUIMカード(SIMカード)は、ドコモオンラインにて単体で購入することも可能です。(もちろん、ドコモショップでの手続きも可能です。)

用途としては、

  • 他の通信キャリアからドコモのスマートフォンに切替える際、SIMカードのみ買って自分で交換したい
  • スマートフォンを2台持ちにしたい(端末はありSIMカードだけ欲しい)

などが該当します。

ドコモの回線契約をしていない場合

ドコモの回線契約をしていない場合は、新規契約が必要になります。ドコモショップでもオンラインでも、どちらでも可能ですが、オンラインの場合は、新規契約事務手数料の3,000円(税抜)が無料となります。

ドコモの回線契約をしている場合

ドコモの回線契約をしている場合、回線契約なしの場合と同様に、オンラインでもドコモショップでもどちらでもできますが、いずれでもカード発行手数料が2,000円(税抜)かかります。

どちらが良いかは人によりますが、SIMカードの入れ替えや交換が面倒な方は、ドコモショップに出向いて行うと良いでしょう。ただ、ドコモの公式サイトの解説ページは非常に解りやすい内容となっていますので、店頭での待ち時間が面倒な方や、寄れる余裕がない方は、オンラインで購入して、自分で入れ替えや交換するのでも充分でしょう。

まとめ

1.ドコモのSIMカードはUIMカードという名称で、ノーマルタイプのUIMカード、ドコモminiUIMカード、ドコモnanoUIMカードの主に3種類がある。

2.SIMカードを再発行したい場合はドコモショップに行く必要がある。再発行の手数料として2,000円(税抜)がかかる。

3.SIMカードを単体で購入する場合、オンラインでも手続きができる。新規でドコモ回線の契約をしたい場合でも、オンラインなら無料(ドコモショップだと新規契約事務手数料が3,000円)となる。

スポンサードリンク