賃貸物件で気を付けたいタバコを吸う際のマナー

賃貸物件において、生活音やゴミ出しなどと並んで多い、タバコによる近隣住民とのトラブル。嫌煙家にとってはたまらない話だし、愛煙家にとっては、違法ではないのに・・・と、悩みは尽きないところでしょう。

今回は、賃貸物件におけるタバコを吸う際の注意点やマナーなどについて紹介していきます。

改正健康増進法では住宅(賃貸物件)での喫煙については触れていない

2020年4月に施行された、改正健康増進法。いきなり飲食店から喫煙席が消えましたので、施行されたこと自体は多くの方がご存じでしょう。しかし同法では、住宅は対象外とされています。嫌煙家の皆様におかれましては、お気持ちは察しますが、飲食店などで禁煙が強制的になったのを誤解して、法律を盾にして強気で喫煙している住民にクレームを・・・なんていったことは控えましょう。思わぬトラブルのもとになりかねません。

スポンサードリンク

賃貸物件で多いタバコのトラブルはベランダでの喫煙

室内の壁がヤニで汚れるといけないので、という理由で、ベランダで喫煙をする人は多いでしょう。本人はそれで問題ないですが、問題は、その副流煙が行き着く先です。隣家の方に漂ってしまい、隣家の住民が悩まされて・・・というトラブルはよくあるようです。

ベランダでの喫煙は規約で禁止になっているところもあるので注意

隔て板があるので、一見安心のように思えるベランダでの喫煙。実は、物件によっては規約によって禁止されているところがあります。規約がもとになって、必要以上のトラブルに発展してしまう可能性も捨てきれません。管理会社などに問い合わせ、予め把握しておくよう注意が必要です。

副流煙の危険さを理解し喫煙者は周辺への配慮を

規約以前の問題として意識したいのが、副流煙が及ぼしてしまう健康被害です。既に言い古されている検証結果ですから、最早知らない人はいないでしょう。副流煙は、喫煙者が吸う主流煙よりも何倍もの有害物質が含まれていることで知られています。

マナーという言葉だけでは片づけられない、他人の健康への被害という大きなリスクを抱えていますので、そのことを肝に銘じましょう。

賃貸物件でタバコ関連のトラブルを起こさないために

ただ、喫煙者だって、他人の寿命を縮めたくてタバコを吸っているわけではありません。自身が抱えてしまっている、ストレスを緩和したくてタバコを吸っているはずです。それなのに、タバコが原因でストレスを抱えていては本末転倒でしょう。

タバコが原因でトラブルにならないよう、次の対策を提案しまう。

思い切って加熱式タバコに切り替える

IQOS(アイコス)などが有名ですね。加熱式タバコであれば、灰はでませんし、副流煙もカットできますから、これならばベランダで吸っていても問題ないでしょう。

なんでも、紙巻きタバコに比較して、発生する有害物質が平均で90%軽減されているとか。まさに、現代の事情に即したタバコと言えますね。

本来ならば、種類別の比較・・・なんてのがあって然るべきなのでしょうが、実は、筆者はタバコを吸わないため違いが判りません。

その辺は別の機会にまた検討させてください。

換気扇の下で吸う

加熱式タバコにスパッと切り替えられればベストでしょうが、中には、紙巻きタバコのあの味じゃなきゃ・・・という人だっているでしょう。そういう方は、換気扇の下でタバコを吸うのもいいでしょう。

ただし注意点があります。換気扇の出口です。換気扇から出る空気の流れる先に人がいないか気を付けましょう。1階に住んでいる人は(換気扇の下でタバコを吸うことという意味で)その時点でアウトでしょうし、また、換気扇の出口が廊下に向かっていたら、ベランダの場合と同じリスクを抱えることになってしまいます。

タバコ専用の空気清浄機を買う

空気洗浄機というと高価なイメージを持たれるかもしれません。しかし、「タバコ専用」の空気清浄機となれば別です。価格にして10,000円もいきませんから、そんなに大きな痛手ではないはずです。何よりも、壁が黄ばむといった危険性も取り除けますから、汚れた部屋を修繕する費用と比べたら、一目瞭然と言えるでしょう。

まとめ

1.とくに賃貸物件においてタバコのトラブルは多いので注意。改正健康増進法では、住宅は対象になっていない。

2.紙タバコでのベランダでの喫煙は、近隣トラブルのもとなので配慮を。

3.加熱式タバコまたはタバコ専用の空気清浄機の採用で、トラブルを避けられるでしょう。汚れた部屋を修繕する費用や、万が一トラブルに見舞われた際のことを踏まえれば安価と言えるでしょう。

スポンサードリンク