収納付きベッドの引き出しのカビ対策はどうすればいいの?

久しぶりにベッド下の引き出しを開けたら、引き出しの内側と収納物にカビが!

そんな、泣きたくなるような経験をしてしまった方は少なくないでしょう。 今回は、収納付きベッドにおけるカビ対策について紹介します。

収納付きベッドは湿気が抜けにくいこと

収納付きベッドにカビが生えやすい原因は、簡単に言うと、布団またはマットレスに溜まった湿気が外に抜けず、収納箇所に溜まってしまうからです。ジメジメした状態が続けば、自然とカビが生えてしまいますよね。

湿気を逃す仕組みづくりが収納ベッドのカビ対策でのポイント

では、どうすれば良いのか。答えは単純で、次の2点のポイントをおさえることにつきます。

・湿気がベッドの床面に溜まらないようにする

・湿気がベッド下に溜まらないようにする

ここからは、具体的な対策を紹介します。

スポンサードリンク

床面に空気の抜け道が無いベッドは危険。避けるか、除湿アイテム活用を。

当たり前といえばそれまでなのですが、収納付きベッドの場合、床面に空洞がないものが一般的です。その方が強度に優れていますからね。ですが、カビ対策という点では、それが却って仇にとなります。

簀の子タイプなど、床面に空洞があるタイプを選ぶ。

ベッドで最も湿気がたまるのは、布団(マットレス)の箇所です。人間は寝ているときコップ1杯分の汗をかく、なんて言いますからね。ここに湿気を溜めないことがまず一歩です。

ベストなのは、床面が簀の子状のベッドを選ぶことでしょう。割合としては少ないですが、以前よりは増えてきた印象があります。

または、発想を変えて、「床面が高い収納なしベッド+収納ボックスの活用」という方法も一考の価値はあります。要は、効率よい収納スペースを確保すればいいわけですから。

収納ボックスは、アクリルボックスやポリプロピレンケースなどが、カビも生えにくくて良いでしょう。

カビ対策のためにはベッドパッドや除湿マットの活用も。

次に寝具選びです。布団よりもマットレスの方が、通気性が良いため、マットレスが推奨される場合もあるようですが、筆者の見解では、そんなことは無いように思います。なぜなら、昨今では、布団の丸洗いサービスの充実など、布団を洗濯することが比較的容易になっているからです。

それよりも、ベッドパッドや除湿シートを活用することをお勧めします。これらであれば、自宅でも簡単に乾燥させたり(干したり)洗ったりできます。また最近では、西川の除湿シートのように、吸湿センサーがついている優れモノも存在します。

引き出しの開閉頻度を上げる。

除湿アイテムは、引き出しに入れることも忘れずに置きましょう。よく、ドラッグストアなどで売っている、「ドライペット」のような物でOKです。

また、それと同じくらい大切なのが、引き出し箇所を頻繁に喚起する習慣づけです。嫌でも引き出しを日常的に開け閉めすれば、湿気も溜まらないものです。下着や当該季節の洋服など、毎日のように使用(交換)する物を入れるのがベストです。

しかし、引き出し全てに日用的なものを・・・というのもまた難しいと思います。そういう場合は、出かける前にベッド下の引き出しを開けておくようにしましょう。

また、よく推奨されているように、買う際にボックスタイプの収納付きベッドを選ぶことも方法でしょう。ボックスタイプであれば。ホコリが侵入しにくいだけではなく、寝具に溜まった湿気が、引き出しにダイレクトに流れることも防げます。

湿気が溜まりにくい室内づくりも忘れずに。

ベッド周辺のカビ対策が完璧でも、部屋自体がカビの温床であったら意味がありません。部屋そのものを、カビが生えにくい部屋にする努力も忘れずに行いましょう。

部屋の喚起をこまめに行うことや、エアコンの除湿機能の活用(ただしフィルターの掃除は忘れずに)、加湿器の過度な使用は控えるなどの心がけは忘れずにいましょう。

まとめ

1.収納付きベッドは、便利だけど構造的にカビが生えやすいので注意。

2.収納ベッドのカビ対策のポイントは、湿気の抜け道をつくること。

3.除湿アイテムは、ベッドの床面と引き出しの両方に使いましょう。

4.部屋のカビ対策も忘れずに。カビが生えにくい部屋なら、収納ベッドにもカビは生えにくいでしょう。

スポンサードリンク