au PAYカードに申し込みたい!還元率や限度額そして締め日など

利用するとPonta(ポンタ)ポイントが貯まる、auユーザーを中心にお得なクレジットカードであるau PAYカード。

今回は、申し込み方法や条件、還元率についての詳しい解説や、限度額などの情報を補足記事として更新しました。

au PAYカードの申し込み方法と必要な条件は?

au PAYカードに申し込むには、どのようにすれば良いのでしょうか?

au PAYカードの申し込みは、基本的にはインターネット(au PAYカードの公式サイト)にて行うこととなります。または、スマートフォンの契約などでauショップに行った際に、あわせて薦められることもあります(auショップでも申込可)。申込方法はこの2通りです。

では、申し込みのために必要な条件は、どのようなものでしょう?

au PAYカードは、クレジットカードなのですが、加入条件は割とシンプルで、次の3つを満たしていればOKです。

ちなみに、au PAYカードの提携ブランドは、VISAとMastercardになります。

au PAYカードの申し込みに必要な条件

・個人でご利用のau IDをお持ちのお客さま(法人契約でご利用のau IDではお申し込みいただけません)
・満18歳以上(高校生除く)
・ご本人さままたは配偶者に定期収入のある方
※au PAYカード公式サイトより

スポンサードリンク

au PAYカードの還元率は1%だが幅広くPontaポイントが貯められる

au PAYカードの還元率は1%です。100円の買い物ごとに、1%のポイントが貯まります。

なんだよ、たったの1%かよ、と感じる方もいるのでしゃないでしょうか?ですが、それは間違いです。

ご存じのように、auとPontaは2020年5月に連携をして、au PAYでの買い物で、Ponta(ポンタ)ポイントが貯まるようになりました。実は、au PAYだと、通常のPonta(ポンタ)カードではポイント対象とならない店舗やサービスでも、ポイントを貯めることができるのです。ポイントを貯めるチャンスが大幅に増えるのは、ポイント還元率が1~2%上昇することよりも有意義と言えるのではないでしょうか。

ローソン以外にもセブン‐イレブンやファミマやミニストップでもOK

最も大きいのはコンビニエンスストアでの買い物でしょう。通常のPonta(ポンタ)カードの場合、コンビニエンスストアですと、ローソンしかその対象でしかありませんでした。

ところが、au PAY(au PAYカード)を使うことによって、セブン‐イレブン、ファミリーマート、ミニストップ、セイコーマート、ポプラでも、au PAYによる支払いが可能なため、結果Ponta(ポンタ)ポイントを貯めることができるのです。

クルマ持ちなら出光のサービスステーションでも貯まる

また、クルマを持っている方で、割と頻繁に利用される方は、定期的な給油が欠かせないでしょう。

au PAYカードなら、出光のサービスステーションで使うことができます(注:一部利用不可なところあり)。昭和シェル石油がお近くにない場合や、緊急で給油しようとした先が出光だった場合でも、出光のサービスステーションで給油することにより、Ponta(ポンタ)ポイントを貯めることができます。

au PAYカードを使えばPonta提携外の店やサービスでもポイントが貰える

上記で例を挙げた、ローソンや昭和シェル石油というと、ゲオと並んで、Ponta(ポンタ)がサービス開始した時点から参画している企業です。そのイメージがあるためか、ローソン以外のコンビニや、昭和シェル石油以外のサービスステーションではPonta(ポンタ)ポイントを貯められないと思う方も少なくないようです。

ですが、そんなことはないのです。au PAYカードを使えば、Ponta(ポンタ)カードでは提携していない店やサービスでもPonta(ポンタ)ポイントが貰えるのです。

いわゆるポイ活をする上で、この要素はかなりプラスとなるはずです。

au PAY(au PAYカード)を使える先は、https://aupay.wallet.auone.jp/store/listからご覧ください。

そして、Ponta(ポンタ)ポイントが貯められる先については、こちらをご参照ください。

au PAYカードのショッピング限度額は最大100万円でチャージは月25万円

au PAYカードはクレジットカードです。ということは、やはり限度額があるわけですが、一体どのくらいでしょう?

au PAYカードのショッピング枠は最大100万円で、キャッシング可能枠は審査によって決定されるようです。一般的な、クレジットカードの限度額の決まり方と同じと言って良いでしょう。

また、au PAYカードの場合、電子決済サービスであるau PAYへのチャージという使い方もできます。こちらの、チャージの限度枠はどうでしょう。

au PAYカードからau PAYへのチャージに関しては、月額25万円が上限となっています。これは、au PAYカードのみならず、全てのクレジットカード共通の限度額となっています。

au PAYカードの締め日は毎月15日で翌月10日支払い

最後にau PAYカードの締め日についてです。

au PAYカードの締め日は、毎月15日で、支払は翌月の15日となります。一般的な給与振り込みのタイミングや、公共料金などの支払い期限とは若干のずれがありますので、利用および支払いについては、au PAYカードの支払いサイクルを念頭に入れながら行いましょう。

まとめ

1.au PAYカードの申し込みは、基本的には公式サイトから。ただ、auショップで新規契約の際にあわせて勧められる場合もある。

2.au PAYカードを使うことで、セブン‐イレブンや出光など、Ponta(ポンタ)カードでは提携していない店やサービスでもPonta(ポンタ)ポイントが貯められる。

3.au PAYカードからau PAYへのチャージは、月額25万円が限度額。

スポンサードリンク