auのSIMカード(ICカード)を再発行!オンラインなら単体で購入も?

MNP(ナンバーポータビリティ)の普及により、スマートフォンや携帯電話の管理においてより重要となっているSIMカード。

モバイル機器のSIMカードを無くした場合、再発行の方法はどのようなものなのでしょうか?まずは大手キャリアのひとつである、auから紹介をしていきます。

auの場合SIMカードをICカードと呼んでいる

SIMカードの再発行の方法について知る前に、そもそもSIMカードについてイマイチよくわからない、という方も多いと思います。実は筆者も、つい先日まではそのクチでした。そもそも、SIMカードって何なんでしょう?

SIMカードとは

SIMとは、「Subscriber Identity Module」の頭文字をとったものになります。Identityという単語があることからも、なんとなく想像がつくでしょうか?SIMカードには、あなたがどのキャリア(通信会社)と契約を結んでいるかや、あなたに割り振られている加入者番号などの情報が記録されているのです。簡単に言えば、モバイル機器内に組み込まれている、身分証明書のようなものと解釈すればよいでしょう。

身分証明書のようなものなのですから、無くしたら大変・・・ということになるわけです。

auではSIMカードはICカードと呼ばれている

しかし、あなたがauのウェブサイトなどを見ても、SIMカードという単語を拾えず困るのでないでしょうか?

それもそのはず、auではSIMカードのことを「ICカード」と称して、同社サイトには表記されているからです。なぜ、SIMカードと呼ばずにICカードと称するのかを詳しく説明すると長くなるため省きますが、簡単に言うと、3G時代の名残で、au(KDDI)がW-CDMA方式を用いていたことに起因しています。

ですが、そのような事情は一般ユーザーには関係のない話ですから、au ICカード=SIMカードというざっくりとした認識で問題ありません。

ちなみに、au ICカード(SIMカード)には、サイズが3種類あります。「標準」、「micro」、「nano」とあり、どれが適用されているかは利用端末によって異なりますので、よく確認をするようにしましょう。

スポンサードリンク

auでSIMカードを再発行するためには?

さて本題です。紛失または破損などにより、auのSIMカードを再発行したい場合はどうすればよいのでしょう。

SIMカードのみの再発行ならauショップへ

auの場合、auショップでもオンラインでも、SIMカードの再発行をすることはできます。ただ、再発行の仕方が、端末込みなのかSIMカードのみなのかで異なってきます。

具体的に言うと、紛失・破損によるSIMカード単体での再発行の場合、手段としてはauショップのみとなります。その際には、運転免許証やマイナンバーカード、そして健康保険証といった本人確認書類が必要になりますので持参をしてください。

あなたがお持ちの健康保険証が国民健康保険証で、もし無くしてしまった場合には下記のように再発行をしてください。

新規契約やMNPでの加入ならオンラインでSIMカードのみ購入も可

オンラインでSIMカードの再発行が可能なのは、端末込みで再発行をする場合になります。

詳細な手順は、au公式サイトのこちらのページに記載がありますので参考になさってください。

オンラインではSIMカード単体で再発行はできないものの、類似ケースとして、次のような場合は、SIMカードを単体で購入することが可能になります。それは、別の通信キャリアからauのスマートフォンに新規契約またはMNPで加入する場合です。

詳細な形式はともかく、今年に入って、大手通信キャリアの公式サイトでSIMカードの単体での購入が可能になりました。NTTドコモが2020年3月と最も早く、auは大手3社の中では最も遅れを取ったものの、2020年9月より可能となっています。

ちなみにこちらでも、本人確認書類(撮影画像をアップロードする)が必要になりますので注意しましょう。

au ICカード(SIMカード)の再発行の手数料は2,000円

手続き可能な範囲は上記の通りですが、SIMカード(ICカード)の再発行に当たって、auの場合、料金や期間はどのようになっているのでしょうか?

まずは料金です。SIMカードの再発行にあたっては、手数料が2,000円(税込)かかります。

Ponta(ポンタ)ポイントをSIMカードの再発行の手数料に充てられる

auの場合、大手ポイントサービスであるPonta(ポンタ)ポイントと連携をしています。SIMカードの再発行の手数料を支払うにあたって、貯まったPonta(ポンタ)ポイントを充てることが可能です。上手くいけば無料にすることもできるでしょう。ぜひ活用してみてください。

Ponta(ポンタ)ポイントとは

TVCMなどの広告で目にした方も多いかと思いますが、auのモバイル端末は、Ponta(ポンタ)ポイントを活用して様々なことが可能になっています。こちらにまとめ記事がありますので、あわせてご覧いただければ幸いです。

auショップでもオンラインでも最短即日でSIMカードを再発行

最後に、再発行にかかる日数についてです。auショップの場合、店頭ですから即日での再発行が可能になります。問題はオンラインでの再発行です。

実は、auには、「交換用携帯電話機お届けサービス」というサービスがあります。こちらを使うと、有料(3,000円/回)にはなりますが、

  • 東京23区・大阪市全域のみ→申し込みから3時間以内
  • 関東・関西・中部地域は午前12時まで
  • 九州地域は午前11時まで

に申し込めば、当日中に指定先(注:国内のみ)に届けてくれるというサービスになります。

もう、切羽詰まって仕方ない時には、利用すると良いでしょう。

ただし、そうではなくても、通常の配達でも概ね2日~1週間で届くようですので、個人的にはあまり焦らなくてもよいと思います。

まとめ

1.auのSIMカード(ICカード)の再発行する場合、SIMカードのみならauショップで手続きをする。

2.オンライン(auの公式サイト)でもSIMカードの再発行はできるが、端末がある状態が前提となる。

3.auのSIMカード(ICカード)の再発行の手数料は2,000円(税込)となる。

4.オンラインでauのSIMカード(ICカード)の再発行した場合、端末の交換も伴う状況であるなら、交換用携帯電話機お届けサービスを使うことができる。同サービスを使うと、申込条件に合致すれば、一部の地域にはなるが、即日でSIMカード(端末)を届けてくれる。

スポンサードリンク