足湯の効果は?

第二の心臓と言われる足の裏を温めることで様々な健康に良い結果をもたらしてくれます。

現代人の多くが、生活習慣病にかかる時代、その原因の一つが「冷え」からくるものと言われています。

「冷え」の原因は、足先や手先などの末端部分の血流が悪くなり、冷たくなることです。

特に女性は「冷え性」に悩んでいる方も多く、その改善となる足湯に注目が集まっています。

なぜ、足湯が良いのか?

足の裏は心臓から一番遠く血流が悪くなりやすい場所です。

その為、老廃物が溜まりやすく美容や健康に害を及ぼす事になります。

足湯は末端を温めることにより、血液を心臓に戻す手助けとなるのです。

特に女性が足湯を好む理由の一つに、足のむくみの解消やマッサージと組み合わせてセルライトの除去などの効果が期待できるところです。

脂肪が冷えて固まったセルライトを足湯で温める事により燃焼しやすい状態にしてくれます。

その他、足湯の効果で嬉しいのが、自律神経の調節に役立ってくれることです。

ストレスが多い社会で暮らしていれば、自律神経は乱れがちです。

季節の変わり目などは、自律神経の変調によって様々な弊害があります。

足湯の仕方

温泉地などに行って足湯に浸かったことがある方はわかると思いますが、全身暖かくなりますよね!

しかし、自宅で足湯を行うとそんなに温まらないと感じる人も多いはず。

それは、温泉で足湯に浸かるのと自宅とでは湯量が違うために起こります。

自宅で行う足湯は、温かいお湯に冷たい足を入れますから、直ぐに冷めてしまいます。

自宅で足湯を行う時は温度低下に気を付けます。

余談ですが、電化製品のフットバスを購入しようと思っている方はしっかりとした温度調節機能がついているものを選ぶようにします。

安い物は使っている間の温度が一定に保たれないものがあります。

話は戻りますが、足湯は血流を良くするために行います。その為にはもう一つ重要なポイントがあります。

それは、温度です。

半身浴などではぬるめのお湯にゆっくりと浸かることが良いとされますが、足湯は高めの温度の方が良いとされます。

オススメの温度は42度~45度くらいの高めの温度が効果的です。

足を浸けると赤くなるくらいの温度が良いのです。もちろんやけどしない程度ですけどね!

人間の身体は、足が熱いと感じると脳が危険と感じます。「足がヤバいぞ!早く冷やせ!」と思うのです。

熱い部分を冷やす為に冷たい血液を足先に流し込みます。その結果血流が良くなります。

温められた血液は全身をめぐります。全身が暖かくなるのはこのせいなのです。

熱めのお湯に足を浸けることが、足湯の効果を最大限に発揮するポイントとなります。

※心臓の弱い方や高血圧の方はいきなり熱いお湯は危険です。ぬるめのお湯から行いましょう。

スポンサーサイト

用意するもの

バケツ・たらいなど

お湯 42度~45度

指し湯の為のヤカン・ポットなど

バスタオル

温度計

足湯の浸かり方

足首が隠れるくらいの湯量をバケツ・たらいに張ります。

1回10分~15分程度を1セットとして、3回程度繰り返します。

温度計を見ながら、温度を一定に保てるようにするのがポイントです。指し湯をする場合、お風呂場であればそのままお湯を捨てて指し湯をするようにします。お湯が捨てられない場所であれば、あらかじめもう一つバケツを用意しておくと便利です。

足湯に浸かると汗をかくと思います。手湯を一緒に行うと全身に汗をかきますよ!バケツがたくさんいりますけどね!

あと、汗をかいたら水分補給を忘れずに!

まとめ

この方法は、ある健康器具メーカーの開発部門の研究者の方から教えていただいた方法です。

現代人は身体を冷やす事が多く、病気になりやすい体質になっているから気をつけなさいと言っていました。

冷蔵庫やエアコンなどが普及して、夏でも身体を冷やす事が多くなっている事が原因だそうです。

それ以外にも交通機関の発達などにより、慢性的な運動不足による筋力の低下で体温が下がっていることも影響しているらしいです。

まさに生活習慣病です。

健康で長生きするためにも、足湯を実践してみてはいかがでしょうか。

スポンサーサイト