雨に濡れた靴やバック手入れをしないと

梅雨時期などに雨に濡れてしまった革靴やバックどうしてますか?

ちゃんとお手入れしていますか?

革製のバックや革靴などを雨に濡れたままにしておくと、シミになったりふやけて型崩れしたりしてしまう事ってありますよね!

しばらく経つとカビなんかも生えてきたりすることも・・・。

そんな、残念な結果になる前にしっかりとした対策と手入れ方法をご紹介します。

防水スプレーと撥水スプレーの違いは?

防水対策と言えば、防水スプレーとか撥水スプレーがあります。

しかしこの二つの違いを知っていますか?

撥水スプレーとは?

撥水スプレーとは「水を弾く」ようになります。

しかし、空気は通します。通気性を確保しながら水を弾くことが出来るのが「撥水」です。

皮や布の生地表面に、フッ素樹脂などを吹き付けて表面張力によって水を弾くようになっています。

なので、水に圧力がかかると中に浸みこんでしまいます。

防水スプレーとは?

防水スプレーは皮や布の生地表面をコーティングして、水を通さないようにします。

雨合羽や傘などが防水加工の物です。生地表面の小さな穴を塞いでしまいますので空気も通りません。

なので、多少水圧がかかっても水を通しませんが、空気が通らないので蒸れやすくなります。

どちらを選べばよいか?

市販のスプレーは主にシリコン系とフッ素系に分かれます。

しかし、用途によって成分の比率が変わっていたりするので、用途別に選ぶといいでしょう。

例えば革靴に使うものは通気性が悪いと靴の中が蒸れてしまうので、革靴用の撥水スプレーとしてフッ素系の物が多く売られています。

各メーカー用途によって開発された撥水スプレーや防水スプレーを発売しているので、用途さえ合っていれば特にフッ素系、シリコン系を気にせず買っても問題ありません。

スポンサーサイト

梅雨時期の手入れ方法は?

それでは、梅雨時期などの雨が多い時にどのように、雨から皮靴やバック守ればよいか?その方法をご紹介します。

濡れる前に対策を!

まずは、撥水スプレーを使います。

撥水スプレーを使う前には通気性の良いところで行うようにしましょう。

靴やバックに付いた汚れをブラシで良く落とします。しっかり落としておかないとゴミがついたままスプレーが固まり汚れが落ちにくくなったり、ムラになることがありますので気を付けましょう。

新聞紙を敷いた上に靴やバックを乗せ10センチ~15センチ離れたところからムラが出来ないようにスプレーします。

あとは、乾くまで置いておきます。

革製のバックに使うときは変色などに注意して、目立たない箇所で一度試してから使う方が無難です。注意書きにもあると思いますが、エナメル素材には向いていません。

撥水スプレーは1,2回の雨で効果が薄れてしまうので、まめにお手入れした方がいいでしょう。

その他にも撥水スプレーは汚れが付きにくくなるので、定期的に使う方が良いですね!

雨に濡れてしまったら

雨に濡れてしまったら、すぐに水滴を拭き取るようにします。

そのままにしておくと、シミや型崩れなどの原因となってしまいます。

家に戻ったら、しっかりとお手入れをしてあげましょう。

撥水剤が水で流れてしまうのと同時に皮に含んだ油分も失われています。

靴はシューキーパーを使って、型崩れしないようにします。しっかりとミンクオイルや靴墨などでお手入れもしましょう。

まとめ

私は革靴が好きで何足も持っているので、週末のお手入れが日課になっているのですが、雨に濡れた後のお手入れは念入りに行う方が良いですよ。

少し値段が高めの靴を買うようにしていますが、大切にしてあげると10年でも履いていられます。

なので今は年間1足買うか買わないか位のペースです。我ながら経済的だと思っています。

皮製品は雨が大敵なのでしっかりお手入れしてあげましょう。

スポンサーサイト